1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 高橋真琴の夢とロマン展-少女達の瞳が輝く時-La petite princesse de Macoto

高橋真琴の夢とロマン展-少女達の瞳が輝く時-La petite princesse de Macoto

2010/02/03 ~ 2010/02/21


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


大きな瞳に輝く星と優雅に舞う花々...

「少女漫画の王道」とも言えるこの伝統的な表現は、半世紀以上の時を重ね、高橋真琴という一人の画家によって『少女画』として確立されました。

絵物語や漫画をはじめ、高橋真琴ならではの華麗で繊細に描かれた『少女画』は数多くの少女誌の表紙を華々しく飾り、また一方では文具や雑貨のデザイ ンを積極的に行い、少女達に宝物のように愛用され、「憧れ」や「ときめき」の象徴として一世を風靡しました。


この当時は西洋の生活様式や文化を伝える情報もそれを知る間口も限られていました。しかし『少女画』にはフランス・パリの風景、流行のファッション、ヘアスタイルなど、少女達の心を満たすエッセンスが凝縮されており、豊かな想像力を養うほどに魅了したのです。
遠い異国の地の風景や文化を、彼女達は描かれた少女の姿を通して知り、憧れ、思いを馳せたことでしょう。

『少女画』に描かれた少女たちの多くが正面を向いている理由には、嬉しい時や悲しい時に、見る者と「描いた少女」が共に語り合えるようにという、明確な作家の願いと意図があります。そのため、描かれた少女たちは皆、微妙な表情を意識して描かれています。
『少女画』は心で見る事で語り合え、そこから自分だけの物語も生み出すことができるのです。

卓越した高橋真琴の画業は各界で活躍する作家達にも少女期文化のバイブルとして多大な影響を与え続けています。
本展では、原画の他、真琴デザイン文具、雑貨、また初公開となるラフスケッチや貴重な資料など、約230点を展示。
高橋真琴の初期から現在に至る代表作の原画を最大規模で一堂に集め、一代で築いた『少女画』の魅力を、余す事なくご紹介します。
独特の繊細な作品の創造過程にも迫る、初の試みです。

高橋真琴氏の公式ホームページ『真琴るーむ』はこちら!


CHECK POINT

ご本人によるサイン界も開催!

展覧会を記念して、高橋真琴氏ご本人によるサイン会が開催されます。
予約などは不要ですが、展覧会図録をお買い上げの方限定、先着順の受付となります。

日時:2010年2月7日(日) 11:00~
会場:美術館「えき」KYOTO

【参加方法】
当日(10:00~)、会場にて展覧会図録(税込2,100円)をお買い上げの方先着100名の方にサイン会の参加券を配布します。(参加券はお一人さまにつき1枚に限ります)

※開館前に会場に並ばれる場合は、JR京都駅内の大階段、7階美術館側入口にてお待ち下さい。
(その他の場所は他の方のご迷惑となりますので、お並びにならないようご注意下さい)
※やむを得ない事情により、出演者やイベント内容が変更・中止となる場合もございますので、予めご了承下さい。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗