1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 生誕150年 横山大観展

生誕150年 横山大観展

2018/06/08 ~ 2018/07/22


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

2018年は、近代日本画壇を代表する巨匠・横山大観の生誕150年、そして没後60年の節目の年です。本展はこれを記念して開催される、代表作を網羅した10年ぶりの大回顧展です。

明治元年(1868)に生まれた大観は、明治22年(1889)に東京美術学校(現・東京藝術大学)の第一期生として入学、岡倉天心や橋本雅邦らに学びました。卒業後、母校の助教授に就任するものの、校長を務めていた師・岡倉天心が同校を去ったこととで大観も職を辞し、天心の日本美術院を設立に参加。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。
西洋から様々な文化・情報が押し寄せる時代の中、大観は日本の絵画の伝統激技法を継承しつつ、時に新たな表現を取り入れ改変を試み、また絵画の主題についても従来の定型を軽々と脱してみせました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、大観は自在な画風と深い精神性を供えた数々の大作を生み出しました。

今回の展覧会では、全長40メートルを超える日本一長い水墨画の画巻作品《生々流転》(重要文化財)を一挙公開するほか、絢爛豪華な代表作《夜桜》《紅葉》の共演、100年ぶりに表舞台で展示される《白衣観音》《彗星》といった数々の新出作品、そして習作などの資料を合わせて展示。初期から晩年までの総数約90点で大観芸術の制作の過程と本質を改めて探ります。
この機会に横山大観の作品世界の魅力をご堪能下さい。

※期間中、展示替がございます。
【前期】6月8日~7月1日/【後期】7月3日~22日

【作品画像】
(1)横山大観「群青富士」1917年頃 静岡県立美術館/展示期間:7月3日~22日
(2)横山大観「夜桜」1929年 大倉集古館/展示期間:6月8日~7月1日
(3)横山大観「紅葉」1931年 足立美術館/展示期間:6月8日~7月1日
(4)横山大観「白衣観音」1908年 個人蔵
(5)横山大観「風䔥々兮易水寒」1955年 名都美術館


CHECK POINT

【関連イベント】開幕記念講演会「近代と闘う日本画の巨匠」

日時:2018年6月9日(土)14:00~15:30(開場15:00)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
講師:古田 亮 氏(東京藝術大学大学美術館 准教授)
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
※当日10:00より、1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

【関連イベント】】ナイトギャラリーツアー

日時:2018年6月16日(土)、7月14日(土)各日18:00~19:00
会場:京都国立近代美術館
定員:各日20名(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
※当日17:00より1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗