1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 秋季特別展 「幻の京焼 京都瓢池園」

秋季特別展 「幻の京焼 京都瓢池園」

2009/09/01 ~ 2009/10/12


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

京都瓢池園(きょうとひょうちえん)とは、日本の近代陶芸の大立者である河原徳立と実業家の廣瀬満正(住友家初代総理事・廣瀬宰平の長男)の尽力によって、明治40年から大正9年にかけて制作されたやきものです。
河原徳立は、明治6年(1873 )東京深川で東京瓢池園を設立し、海外輸出用の絵付陶磁器で高い評価を得ました。


しかし、明治33年(1900)のパリ万国博覧会で日本陶磁器のデザインがひどく立ち遅れていることを痛切に感じ取った彼は、心機一転、その改良を目指して京都瓢池園(京都製陶所瓢池園)を設立しました。
日本の伝統的工芸産地である京都で、新しい日本の陶磁器を作ることを目的とした京都瓢池園は、志を同じくする京都の芸術家達とも深く関わりをもち、また「ふくべ焼」の名で京焼の一つとしても流通しました。
ですが、一方でその活動期間が非常に短かったために、現在では幻の京焼とも言われています。
 


展覧会では、廣瀬家ゆかりの廣誠院に所蔵される、京都瓢池園の多種多様な作品を紹介。
100年後の現在でも新鮮に映るデザインの作品や、伝統的な日本陶磁器や中国陶磁器から発想を得たものなど、豊かなバリエーションを見ることができます。
また、同時代に瓢池園とともに京都で陶磁器の図案改良を目指した遊陶園の清水六兵衛や宮永東山、画家・浅井忠らとの関連作品、さらには河原徳立がパリ万博で求めたフランスの大鉢や東京瓢池園時代の陶額なども併せて展示。
明治後期から大正初期の陶芸界の新たな試みを紹介します。

工芸が大きな変革期を迎えた時代に、新しい日本のやきものの創造を目指した京都瓢池園。地元京都でその全貌を紹介する、初めての機会です。

<下・『色絵山鳩文花瓶』>


CHECK POINT

企画展列品解説

学芸員さんによる、展示品・展覧会の解説イベントが開催されます。
展示室内で作品を見ながらのギャラリートーク形式です。

講師:外山 潔 学芸員
開催日:9月12日(土)、10月10日(土)
時間:各日14:00~

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗