1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 樂美術館
  5. 『定本 樂歴代』出版記念 樂歴代名品展 樂家歴代が手本として学んだ伝来の茶碗

『定本 樂歴代』出版記念 樂歴代名品展 樂家歴代が手本として学んだ伝来の茶碗

2013/03/09 ~ 2013/07/07


【樂美術館】

樂美術館

【作品画像】
(1)初代 長次郎作「二彩獅子」像 ※展示期間:3月9日(土)~24日(日)、6月1日(土)~16日(日)
(2)三代 道入作「二彩鶴首花入」
(3)六代 左入作 赤樂茶碗「毘沙門」


この度、樂美術館編集による樂焼・樂歴代に関する図版本『定本 樂歴代』が出版されました。この展覧会は、その出版を記念して開催されるものです。

樂美術館の設立時に十四代覚入氏が寄贈した約1,100余点の作品は、単にコレクター個人の趣味による収集品ではなく、400年以上に渡って代々樂家に伝えられた歴代作品です。
そこには、樂歴代が後世の代の為に参考手本になるようにと伝えてきたもの、まさに樂歴代の学びの糧、樂焼400年のエッセンスが凝縮しています。
どのような作品から、どのように学び、新たな作風へと結びつけてきたのか、本展では図版本『定本 樂歴代』に基づき、樂歴代に環流する造形精神を浮かび上がらせます。

展示品には、久々の登場となる初代・長次郎の代表作「二彩獅子」像(重要文化財)をはじめ、『定本 樂歴代』に基づき、樂家各代の代表作が並びます。ぜひこの機会にご覧ください。

※初代 長次郎作「二彩獅子」像は、2013年3月9日(土)~24日(日)、6月1日(土)~16日(日)の期間限定公開です

『定本 樂歴代』について

樂美術館編集による樂焼・樂歴代に関する図版本。十五代・樂吉左衞門氏(当代)と次代後継者・樂篤人氏による、実作者ならではの新たな視点から、作品解説はもちろん樂焼の歴史や樂茶碗の造形論、制作技法の解説、歴代印譜の紹介などで構成されています。
掲載作品は、樂家伝来の所蔵作品に加え、他館・個人所蔵による代表作も収録しています。
まさに樂歴代、・樂焼の集大成・定本となる一冊です
CHECK POINT

【関連イベント】手にふれる美術館

樂美術館では展示ケースのガラス越しの鑑賞だけではなく、実際に手にふれて見ることができます。
手にふれる感触、柔らかで繊細な造形、釉薬や土の表情、重さと量感など、展示室のガラス越しでは味わえない新たな世界をご堪能ください。

手にふれる樂茶碗鑑賞会

樂歴代の作品を、実際に手にとって鑑賞できます。学芸員さんが解説をしてくださいます。

開催日:2013年4月6日(土)、5月18日(土)6月1日(土)、7月6日(土)
※お電話にてご予約ください

特別鑑賞茶会


美術館内の茶室で開催される、実際に美術館の収蔵品を使っての茶会です。
席主は当代・15代樂吉左衞門館長がつとめ、当日使用の道具などについてもお話して下さいます。

開催日:2013年3月24日(日)、5月12日(日)、6月9日(日)、7月15日(月・祝)
※事前申し込み制です。開催日の1カ月前から電話予約できます。
※時間、会費は会によって異なります。詳細はお問い合わせ下さい。

親子でお茶一服


中学生以下のお子さんを対象にした、経験のない方でも親子で楽しめるお茶会です。
樂茶碗を使って飲むお茶を味わってみて下さい。
席主・解説は樂扶二子さん(御当代夫人)が担当します。

開催日:2013年5月5日(日・祝)
※詳細は施設までお問合せください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗