1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 生誕150年記念「数寄者 住友春翠-きれいさびを求めて」

生誕150年記念「数寄者 住友春翠-きれいさびを求めて」

2015/10/20 ~ 2015/11/29


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

大正時代、近代住友の基礎を築きあげ多忙な日々を送った15代当主春翠。
巨大組織を率いた彼がつかのま、心癒されたのは幼き日に見た日本の伝統美でした。


明治・大正時代に住友グループの基礎を築いた、住友家15代当主・住友春翠(すみとも・しゅんすい/1864-1926)。名門公家出身にして眉目秀麗、物静かな青年実業家の彼は、国家100年の姿を思い描き、住友の近代化を導きました。
一方で春翠は、公私にわたり文化活動に力を注ぎ、多彩な美術品を蒐集していました。

この度、春翠の生誕150年を迎えることを記念し、その美術愛好の足跡を名品とともに振り返る展覧会を連続開催します。

第2弾となる今回は大正編。
大正時代、50代になった春翠は、次第に幼少時に慣れ親しんだ日本の伝統美術に心惹かれるようになります。自らの美意識に適った茶道具を取り合わせて歴史に残る名茶会を度々開いたのもこの時期です。
そして、その主要な舞台となったのが大正4 年(1915)に完成した天王寺茶臼山(今の大阪市立美術館・慶沢園)の本邸でした。ここでは園遊会など様々な催しも行われ、春翠の趣味が隅々まで行き届いた室礼が客をもてなしました。
展覧会では、春翠が好んだ伝統的な美意識に基づく名物茶道具や絵画の逸品(小井戸茶碗 銘六地蔵や伊藤若冲の花鳥画ほか)とともに、それらが鑑賞された今はなき茶臼山本邸の様子を資料にて紹介します。
この機会にご高覧ください。
 

住友春翠

京都の公家徳大寺公純(とくだいじ・きんいと)の六男。実兄に西園寺公望(さいおんじ・きんもち)がいる。明治25年住友家に入り、15代当主を継承、吉左衞門友純(ともいと)と名乗った。
現在の住友各社の前身を次々に起業、大正10年住友合資会社を設立した。また大阪府立中之島図書館、大阪市立美術館の敷地を寄付するなど文化社会事業にも貢献、芸術家支援や幅広い美術収集でも知られる。

【作品画像】
(1)国宝・東山御物「秋野牧牛図」 伝閻次平 南宋時代
(2)白鶴香合 野々村仁清 江戸時代
(3)十九種茶入 野々村仁清 江戸時代
(4)小井戸茶碗 銘 六地蔵 朝鮮時代
(5)「海棠目白図」伊藤若冲 江戸時代


CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム:せんおくアートサロン「数寄者 住友春翠と大阪茶臼山本邸」

3名のパネラーを迎えたシンポジウム。
住友春翠と、今はなき大阪茶臼山本邸(現・大阪市立美術館・慶沢園)について語ります。

日時:2015年10月31日(土)13:30~
会場:泉屋博古館 講堂
料金:1,500円(入館料込/事前申込制)
定員:100名(先着順受付/定員に達し次第締切)
※当日は受付票呈示の上、館内受付にて料金をお支払いください。
※こちらの参加費には招待券・割引等はご利用いただけません。

《申込方法》
メール、FAX、往復はがきのいずれかにて、
参加者全員のお名前、代表者の電話番号、返信先(メールの場合はアドレス、FAXの場合はFAX番号、はがきの場合は住所)を明記し、お申込ください。
締切日:10月25日(日)(はがきの場合必着)

※1件につき3名までお申込いただけます。
※受付・登録が完了次第、泉屋博古館より受付票をお送りいたします。
※数日経っても届かない場合はお問い合わせください。
※定員に達し次第締め切りとなります。その場合もお知らせいたします。
※メール・FAXの場合は件名に「せんおくアートサロン」と明記ください。
※はがきの場合はあて先を「泉屋博古館 せんおくアートサロン係」と明記ください。

【関連イベント】ギャラリートーク

《数寄者 住友春翠》
日時:2015年10月24日(土)14:00~/11月21日(土)14:00~

《中国青銅器の時代》
日時:2015年11月28日(土)14:00~

※いずれも事前申込不要・参加無料(ただし当日観覧料が別途必要です)
※解説は泉屋博古館学芸員が担当します。
※青銅器館については、毎日ミュージアムボランティアによる解説があります。

【関連イベント】泉屋博古館・野村美術館連携企画「春翠の色気・得庵の男気」

泉屋博古館と野村美術館では、この秋、展覧会の連携企画を実施します。

泉屋博古館が所蔵する住友コレクションを築いた住友春翠(1864-1926)と、野村美術館の基礎となる野村コレクションを築いた野村得庵(1878-1945)。2人はともに、大正期の京都を代表する美術コレクターでした。2人はともに実業界で活躍する一方、市中からはずれ閑静で緑豊かな東山に別荘を構え、それぞれの趣味の世界に没頭します。公家出身の春翠は、中国や西洋にも目を向け優美で華やかな世界を、大阪商人である得庵は大名茶のような力強く豪華な世界をめざしました。

この秋両館では、2人の作り上げたコレクションの名品が展覧会でそれぞれ同時公開されます。
名品を楽しみつつ、また見比べて、違いを味わってみてはいかがでしょうか。

相互割引企画


《対象の展覧会期間中、泉屋博古館に入館された方》
 野村美術館へ入館時、団体料金(500円)にて入館いただけます。
《対象の展覧会期間中、野村美術館に入館された方》
 泉屋博古館へ入館時、2割引の料金にて入館いただけます。

《相互割引対象の展覧会》
【野村美術館】
没後70年 野村得庵展 -ある近代数寄者の軌跡-」9月5日(土)~12月6日(日)

【泉屋博古館】
「Baron 住友春翠 -邸宅美術館の夢-」9月5日(土)~10月12日(月・祝)
「数寄者 住友春翠 -きれいさびを求めて-」10月20日(火)~11月29日(日)

連携ギャラリートーク


野村美術館と泉屋博古館、双方を一日で楽しめるギャラリートークイベントです。
住友春翠と野村得庵、二人の数寄者を訪ねよう!

日時:2015円11月14日(土)13:00~16:00
集合:野村美術館→(移動)→泉屋博古館
※移動時は学芸員が沿道を紹介しつつ誘導します。
※事前申込不要。開始時間までに野村美術館へお集まりください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗