春画展

2016/02/06 ~ 2016/04/10


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】
(1)喜多川歌麿  「歌まくら」 浦上満氏蔵(前期展示)
(2)歌川国貞  「花鳥餘情 吾妻源氏」 国際日本文化研究センター蔵(後期展示)


「春画」とは、性的な事柄と笑いが同居した、芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画の総称です。江戸時代には“笑い絵”とも呼ばれ、大名から庶民まで幅広い階層で親しまれました。欧米でも19世紀末のジャポニスム時代以降、芸術家を中心に高く評価され、近年では2013年-2014年に大英博物館で「春画 日本美術の性とたのしみ」展が開催され大きな話題となりました。

今回の展覧会は、東京の永青文庫で開催された日本初の本格的な「春画展」を、京都展用に内容を再構成して開催するものです。展示作品は、デンマークのコレクターをはじめ日本の美術館・研究所や個人が秘蔵する春画の名品約130点。鈴木春信や鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎といった浮世絵の大家による作品が勢ぞろいするほか、京都展限定作品も登場します。
さらに、京都の西川祐信や大坂の月岡雪鼎の作品を通して上方ならではの春画の魅力に迫るほか、狩野派や土佐派、住吉派と春画との関係についても探っていきます。

その内容故にこれまで一般に公開される機会がほとんどなかった春画。その中には浮世絵の最高技術を駆使した豪華な作品も見ることができます。この貴重な機会に、春画の持つ魅力をぜひ体験してみてください。

※この展覧会は18世未満の方は入場できません。受付にて年齢確認が行われる場合がございます。
※この展覧会は前後期制です。会期中、展示替がございます。
【前期】2月6日~3月6日/【後期】3月8日~4月10日


CHECK POINT

【関連イベント】第36回アートキューブレクチャー 講演会「春画の魅力」

会場:京都市勧業館みやこめっせ 地下1階大会議室
(会場は細見美術館ではありませんので、ご注意ください)
定員:100名(18歳未満の方は参加不可)
料金:1,000円(当日会場にてお支払いください)

アートキューブレクチャー【1】


日時:3月12日(土)13:30~
講師:早川聞多氏(国際日本文化研究センター名誉教授)
   鈴木堅弘氏(京都精華大学人文学部 非常勤講師)
※3月5日(土)締切必着

アートキューブレクチャー【2】


日時:3月27日(日)13:30~
講師:狩野博幸氏(同志社大学文化情報学部教授)
   石上阿希氏(国際日本文化研究センター特任助教)
※3月20日(日)締切必着

《申し込み方法》
往復はがきによる事前申込制(先着順)となります。
往信文面に参加希望日のタイトル「アートキューブレクチャー①」または「アートキューブレクチャー②」と、
「住所・氏名(ふりがな)・電話番号・会員番号(細見美術館友の会会員のみ)」を明記し、
返信文面に「住所・氏名」を明記の上、下記あて先までお送りください。

あて先:〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 細見美術館 アートキューブレクチャー係

※申込は2月13日(土)到着分より受付となります。(友の会会員の方は2月9日(火)から先行予約受付)
※申込日以前に届いたものは無効となります。
※定員に達し次第受付終了となります。
※受付受理の場合は折り返し聴講券をお送りします。申し込みはがき到着時にすでに定員に達していた場合、参加いただけない旨を返信はがきにてご案内いたします。
※申込後1週間過ぎてもいずれのご案内も届かない場合は、細見美術館までお問い合わせください。

【関連イベント】女性のための春画サロン

日時:2月10日(水)18:30~20:00/2月20日(土)16:30~18:00
講師:石上阿希氏(国際日本文化研究センター特任教授)
会場:京都市岡崎いきいき市民活動センター
(会場は細見美術館ではありませんので、ご注意ください)
参加費:500円
定員:各日20名(18歳未満の方は参加不可)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗