1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 書斎の美術-明清の玉・硝子・金工を中心に-

書斎の美術-明清の玉・硝子・金工を中心に-

2011/03/12 ~ 2011/06/26


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館


中国の明・清時代には、素材の美しさと精緻な彫刻が一体となった、素晴らしい工芸作品が多数製作されていました。
それらは中国では宮廷や文人たちの書斎で好んで用いられましたが、やがてその風は日本にも及び、煎茶席などを飾る道具ともなりました。
自然と人工の美が調和した明清時代の工芸作品。それらは清談(知識人たちの哲学的な談話・議論のこと)を楽しみ、清風(すがすがしい空気・気分)を追い求めることを理想とした、儒教などを学ぶの門人たちの煎茶席にふさわしいものとされました。特に明治から大正期にかけて大変珍重されたようです。
しかしその後、抹茶が流行すると、こうしたかつて日本で愛された工芸作品は次第に忘れさられた存在になっていました。

この展覧会では、そうしたかつて日本で愛玩された作品から、特に金工品・玉器・硝子器塔を中心に他館からの借用品を含め、約70点を展示します。



文人たちが仲間とと芸術文化全般の清談を楽しんだ空間を飾った作品たち。それらを通すと、先人達が憧れた理想郷の景色を垣間見ることができます。

なお、併せて日本を代表する東洋史学(中国史)研究者・内藤湖南が旧蔵していた明清の文人の書も特別展示されます。
京都帝国大学(京都大学)教授であった内藤湖南は、当時の東洋史学界で特に権威を持っていた人物として著名ですが、その一方で書画に対しても鋭い審美眼を持っていたことでも知られています。

展示の書家の作品からも、高潔な文人の息吹を感じてみて下さい。

CHECK POINT

関連イベント:講演会&列品解説

展覧会に合わせて、講演会と列品解説が開催されます。

講演会「中国古代の都市・国家・青銅器」


日時:2011年5月14日(土)13:30~
会場:泉屋博古館講堂
講師:小南一郎(泉屋博古館 館長/京都大学名誉教授・龍谷大学教授)
※当日の入館者先着100名様に整理券を配布いたします

列品解説


「書斎の美術」 (特別展)

日時:2011年3月26日(土)、4月30日(土)、5月7日(土)、6月25日(土) 14:00~
講師:外山 潔(泉屋博古館 学芸員)

「中国青銅器の時代」(常設展)

日時:4月16日(土)、5月28日(土)、6月18日(土)
講師:廣川 守(泉屋博古館 学芸員)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗