1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 野村美術館
  5. 平成28年春季特別展「書を愛でる 茶の湯の掛物」

平成28年春季特別展「書を愛でる 茶の湯の掛物」

2016/03/05 ~ 2016/06/05


【野村美術館】

野村美術館

日本には古来より書を愛でる歴史がありました。
まず平安時代、美しい料紙に流麗に書かれた仮名の書が貴族たちに愛好されました。その後、鎌倉時代には中国から禅宗が伝わり、その中で禅の高僧の書いた墨蹟は、高く清澄な境地を示しているとして尊ばれました。そして茶の湯では、古くより仮名の書も墨蹟も重んじられ、鑑賞されてきました。

今回の展覧会では、茶の湯で用いられた仮名の書と墨蹟の名品を展示します。
仮名の書は「寸松庵色紙」「栂尾切」など平安時代から鎌倉時代の流麗さが特徴の優品をそろえました。また、墨蹟では「白雲偈頌」など、中国の元代や日本の鎌倉時代から江戸時代前期の力強い名筆を集めております。古典的な作品の数々から書の魅力に迫る展覧会です。

※この展覧会は前後期制で全作品が入替となります。
【前期】3月5日(土)~4月17日(日)/【後期】4月19日(火)~6月5日(日)


CHECK POINT

【同時開催】平成28年春季 地階併設展

会期中、地階では下記の館蔵品展・個展が併催されます。
あわせてご高覧ください。

館蔵品展


■「能面・能装束展」3月5日(土)~4月17日(日)
■「清風明月 祥瑞・古染付の世界」4月19日(火)~5月29日(日)

個展


■淡斎茶花研究会代表 横井和子「茶花 -器と花の出合い展-」第4回
 5月31日(火)~6月5日(日)

【関連イベント】ギャラリートーク

野村美術館の学芸員が展示解説を行います。

日時:3月19日(土)、4月9日(土)・23日(土)、5月21日(土)各日14:00~
※参加無料・事前申し込み不要((ただし、入館料は別途必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗