1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 龍谷ミュージアム
  5. 龍谷ミュージアム開館記念・親鸞聖人750回大遠忌法要記念特別展「釈尊と親鸞」第4期(全6期)

龍谷ミュージアム開館記念・親鸞聖人750回大遠忌法要記念特別展「釈尊と親鸞」第4期(全6期)

2011/10/08 ~ 2011/11/27


【龍谷ミュージアム】

龍谷ミュージアム


龍谷ミュージアムは、仏教総合博物館として、仏教の源流であるインドから、日本における仏教の展開までを広く視野にいれて紹介しています。中でも仏教を開いた釈尊と、浄土真宗の開祖親鸞聖人は、重要なテーマをなしています。

「釈尊と親鸞」展は、龍谷ミュージアムの開館、および2011年の親鸞聖人750回の大遠忌法要を記念する展覧会です。改めて仏教の源流をたどり、釈尊や親鸞聖人の足跡に触れていただく機会とするため、釈尊と、親鸞聖人について、それぞれ「仏」(生涯と足跡)、「法」(教え)、「僧」(教団とその後の展開)の3つの視点から紹介します。


第4期では、本願寺第8世・蓮如によって制作された、国宝である親鸞聖人の肖像『安城御影副本(あんじょうのごえいふくほん)』をはじめ、インド・中央アジア・西域の文化交流を示す『仏頭部壁画 伝スワート出土 1面』(初公開)、日本に現存する高麗時代最古の朝鮮鐘と西本願寺に伝わる平安後期の数少ない作例である和鐘など、国内外の貴重な仏教資料の数々を公開します。

■ 「釈尊と親鸞」展は、2011年4月5日~2012年3月25日までの約1年間、全6期の開催です。
第1期:2011年4月5日(火)~5月22日(日)<終了>
第2期:2011年6月7日(土)~7月24日(日)<終了>
第3期:2011年8月27日(土)~10月2日(日)<終了>
第4期:2011年10月8日(土)~11月27日(日)←
第5期:2011年12月10日(土)~2012年1月22日(日)
第6期:2012年2月4日(土)~3月25日(日)

CHECK POINT

主な内容

第1部 釈尊


第1章 釈尊の生涯と足跡


仏教の開祖となった釈尊がどのような生涯を送ったのかを、ガンダーラの仏伝浮彫を中心にたどります。また、アジア各地で釈尊がどのように受け止められたのかを、仏伝美術などによって紹介していきます。
特に日本における釈尊を紹介するコーナーでは、仏涅槃像などを展示しています。

釈尊の教えとその継承


釈尊の教えとはどのようなものだったのか、どのように継承されたのかを、各種経典から概観しています。また、インド、ガンダーラ、中国といったアジア各地の仏・菩薩像を一堂に展示し、仏教の多様性を体感できます。

大乗仏教とガンダーラ・西域


仏教が広まると、様々な部派が形成され、その一部は「大乗仏教」として大きな変貌を遂げました。日本に伝わった大乗仏教の大きな特徴である利他行や菩薩信仰のあり方を、各地の浮彫や壁画によって紹介しています。

浄土教の成立と展開


大乗仏教の中で、西方阿弥陀浄土を重視する浄土教は、特に中国で大きく発達し、日本にも大きな影響を与えます。東アジアの浄土図と、その原形となった中央アジアの浮彫や壁画を取り上げて、浄土教の流れを確認していきます。

第2部 親鸞

 

はじめに 親鸞のすがた


絵画や彫刻にあらわされた親鸞像を紹介し、後世の人が仰ぎ見た親鸞イメージの広がりを考えます。特に4期では、広く知られる親鸞のイメージの源泉となった安城御影(西本願寺蔵 安城御影副本)とともに、別系統に属する親鸞像を代表する神奈川・善福寺像を一堂に紹介します。

第1章 仏教伝来と浄土教のひろがり


日本仏教史の中で親鸞が果たした役割を取り上げる前提として、日本への仏教伝来から親鸞登場までのおおまかな流れを、浄土教の展開を軸に通覧しています。

第2章 親鸞の生涯と教え


歴史上の人物としての親鸞の生涯、日本仏教の流れの中での親鸞の位置づけ、後世の人々からみた親鸞のイメージの3つの観点から、親鸞その人を取り上げています。

第3章 教えの継承と教団の発展


親鸞没後、本願寺が現在の地に本拠を定めるまでの状況を取り上げています。また真宗の信仰を背景に特色ある展開をみせた真宗美術を紹介しています。木仏本尊・名号・光明本尊といった道場や寺院の本尊、親鸞をはじめとする先徳たちの肖像や連坐像、仏教伝来から親鸞の生涯にいたるまでの流れを説明する各種の絵伝など、各地域に伝来してきた貴重な法宝物から、真宗とかかわる造形のひろがりを体感してください。

第4章 受け継がれる親鸞の教え


江戸時代以降を中心に、過去の遠忌に関わる資料、学寮や龍谷大学の歴史、現在の海外布教などのテーマから、時代の変化に対応しながらも、親鸞の教えが受け継がれてきた様子を紹介しています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗