1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 泉屋博古館創立50周年記念特別企画 住友コレクションの中国美術

泉屋博古館創立50周年記念特別企画 住友コレクションの中国美術

2010/09/04 ~ 2010/10/17


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館



泉屋博古館所蔵の中国美術といえば青銅器が有名ですが、他にも絵画・仏教美術・工芸の各分野にも優品が揃っています。泉屋博古館創立50周年記念の第二弾であるこの展覧会では、明治以降に住友家が収集した品々の中から、中国美術の名品を一堂に集めて展示します。

絵画は世界的に有名な石濤・八大山人を中心とする明清時代の文人画家と宋元時代の宮廷画家の作品、仏教美術では六朝から唐時代の金銅仏・仏具、さらに工芸では、古代の動物を象った作品や明清時代の文人達が愛玩した文房具、宮廷を飾ったであろう華やかな工芸作品を展示します。
特に絵画に関しては八大山人の代表作「安晩帖」全22面を、随時展示替えをして全てご紹介します。

長い歴史を持つ中国美術の真髄、さらにはそれを愛した日本近代のコレクターの美意識にも思いを馳せてみて下さい。


CHECK POINT

関連イベント:講演会&列品解説

展覧会に合わせて、講演会と列品解説が開催されます。
今回、講演会は泉屋博古館館長の樋口隆康先生自らが担当されます。

【講演会「古鏡の話題」】
日時:2010年10月2日(土)13:30~
会場:泉屋博古館講堂
講師:樋口 隆康(泉屋博古館 館長)
※当日の入館者先着100名様に整理券を配布いたします

【列品解説】
日時:2010年9月11日(土)、10月16日(土) 14:00~
講師:外山 潔(泉屋博古館 学芸員)

展覧会の見どころを少しご紹介!

【絵画】
泉屋博古館の中国絵画で最も有名なのは、石濤・八大山人を中心とした明・清時代の文人画家による作品。
中でも八大山人の代表作「安晩帖」は、かつて作家・司馬遼太郎が「京都第一級の美術品」と称した作品。タイトル面を含めると全22面あり、今回はその全てが随時展示替えをして紹介されます。1面につき1,2日程度の展示となりますので、何度も足を運んで楽しみたいものです(期間中、料金を払って入場した際には、一回限り有効のリピート券がもらえます。実質一回の入場で二回分見られるようになるのでお得!)
他にも国宝「秋野牧牛図」をはじめとした宗・元時代の宮廷画家の作品も併せて展示。
対照的な作風が同時に存在する、中国絵画の奥深さを感じ取ってみて下さい。

【仏教美術】
中国仏教美術のコレクションでは、金銅仏や仏具など、金工作品に名品が揃っています。
代表的なものでは、仏教文化が中国で最も盛んになった北魏時代の弥勒仏立像(重文)、細緻な装飾が美しい唐時代の舎利容器(仏の骨を入れる容器)などがあります。
特に舎利仏器は日本では他に収蔵例がない珍しい品として注目されています。

【工芸】
工芸では宝石象嵌が鮮やかな前漢時代の嵌玉一角獣形鎮子(ちんし/敷物などが飛ばないように押さえる重し)などの動物を象った古代の金工作品を展示。
その他にも明清時代の文人達が用いた文房具、宮廷で用いられた品々が展示されます。
文房具には仙人の世界を浮き彫りした硯屏(けんびょう/ホコリが墨に入らないようにする小さな衝立)、宮廷の品では皇帝の象徴・龍を掘り込んだ盆などがあります。
どれも様々な材料や技法が駆使された魅力的なものばかり。製作者の感性や用いた人々の心遣いも感じ取ってみて下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗