1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 秋季展「住友コレクションの中国絵画」

秋季展「住友コレクションの中国絵画」

2011/09/03 ~ 2011/10/23


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館


明治から昭和にかけて、住友家の内外には中国絵画に魅せられた三人の人物がいました。
一人は健康に恵まれず、生涯思索の日々を送った美術収集家の住友寛一(1896-1956)。
もう一人はその父で、財閥当主の住友春翠こと15代・住友吉左衞門(1864-1926)。
そして、春翠の青銅器収集の助言者でもあった東洋史学者・内藤湖南(1866-1934)。
彼らは中国絵画の世界にそれぞれの視点でアプローチし、個性的なコレクションを遺します。
一方、春翠が好んだのは明の文人画や宋代の宮廷画の流れを汲む作品など、日本の近世以前の煎茶や茶の湯の伝統的美意識にかなう穏雅な作品でした。
また、湖南は清朝において正統とされた絵画を日本に紹介しましたが、自身の手元には学術資料的なものや当時の日中の文人の交流をしのばせる作品が置かれたようです。


これら三人ゆかりの中国絵画が集まり、今日の住友コレクションは奥行深いものとなりました。
この展覧会ではそれぞれの収集品を紹介し、彼らが中国絵画に何を求め、交感したかを、呉昌碩、西園寺公望、桑名鉄城、岸田劉生ら、ゆかりの人々の資料もまじえ、国宝1点、重文4点を含む約40点の作品から探ります。

※会期中、一部展示替される作品がございます。

CHECK POINT

【関連イベント】列品解説

日時:9月10日(土)/10月8日(土)14:00~
展示室にて、学芸員が展示品を前に解説いたします。

【関連イベント】シンポジウム「関西中国書画コレクションの過去と未来-収集から一世紀、その意義を考える-」

日時:10月22日(土)/23日(日)
場所:泉屋博古館講堂
定員:60名(参加は事前申し込み制です。応募者多数の場合は抽選となります)
参加費:1,500円(入館料含む/要事前振込)

申し込み方法


メール・FAX・往復はがきにて、
郵便番号・住所・使命・電話番号・FAX番号・メールアドレス、ご希望の参加日(両日、22日のみ/23日のみ)を明記の上、
「泉屋博古館内 シンポジウム事務局」までお申し込みください。

【宛先】
〒606-8431
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24 泉屋博古館内 シンポジウム事務局
FAX:075-771-6454
E-Mail:symposium@kansai-chinese-art.net

申込期間:9月1日(木)~17日(土)必着
※詳しくは関西中国書画コレクション展HP(こちら)をご覧ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗