1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 須田国太郎展 没後50年に顧みる

須田国太郎展 没後50年に顧みる

2012/12/01 ~ 2013/02/03


【京都市美術館】

京都市美術館


戦前から戦後に日本独自の油絵を求めて活躍した洋画家・須田国太郎。その没後50年を受けて開催される回顧展です。

京都で生まれた須田国太郎は、虫籠窓や格子窓から外界を観る京町家で育ちました。彼は京都帝国大学(現在の京都大学)で美学・美術史を、並行して関西美術院でデッサンを学んだ後スペインへ留学します。
そこで須田は「近代」とは異なる「前近代」の美術表現と向かい合うことになりました。
テンペラの下塗りの上に油彩を重層的に塗り重ねていくヴェネツィア派の色彩表現と、ティントレットやエル・グレコを経て、色彩を混和させるバロック的明暗法。須田はスペインで出会ったこの相反する二つの「前近代」の表現のほか、ヨーロッパ各地で美術研究を、帰国後はその成果を元に自らの手で日本独自の油画を創造しようと研鑽しました。

この展覧会では、須田がヨーロッパから帰国した後、1932年に東京銀座の資生堂画廊で開催された第一回個展出品作や独立美術協会展出品作などを中心に、須田国太郎の風景や草花、鳥や動物などを描いた主要作品約130点を一堂に展示します。

須田の作品は、「黒の画家」とも評される重厚間あふれるタッチが特徴的です。
また、画面の中に存在する「物」と「陰」は距離感というものを失い、主役を相互に交換して表れます。須田が描く「陰」は物体がもつ形としての
「影」ではなく、物と物が互いに映し出す「陰映」なのです。そして「光」は単に物体に色彩を与えるだけのものではなく、暗闇に劇的な世界を生み出し、語るものとなります。

「モダニズム絵画」や「前衛主義」が画壇を占めていた時代、須田の絵画はそちらとは方向性も目的も異なっていたため、しばしば難しいものといわれてきました。しかし彼はひるむことなく、絵画理論と実践の総合を求めて、自らの思い描く創作を貫きました。
独特の深遠な境地に到達した須田国太郎の世界をたどり、彼が半世紀先から残したメッセージを探ります。

CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク/講演会

ギャラリートーク


日時:会期中毎日曜日(12/9を除く) 15:30~16:30
場所:展覧会会場
参加費:無料(展覧会入場料は別途必要です)
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)

講演会


※開催はいずれも土曜日です。
※会場はいずれも京都市美術館講演室です。
※参加は無料、事前申し込みの必要はございません。(ただし、本展入場券(半券可)が必要です)
※定員はいずれも80名です。
※内容はやむを得ず変更となる場合がございます。

須田国太郎の作風について


日時:2012年12月1日(土) 14:00~15:30
講師:原田平作(大阪大学名誉教授)

須田国太郎の描き方


日時:2012年12月8日(土) 14:00 ~15:30
講師:山野英嗣(京都国立近代美術館学芸課長)

京都独立美術と須田国太郎


日時:2013年1月26日(土)
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)

スペインで出あったもの


日時:2013年2月2日(土)
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)

【関連イベント】ワークショップ「親子で冬に花を咲かせよう-草花繁る冬の美術館」

親子で参加できる鑑賞会&ワークショップ企画です。
須田国太郎展を観て想像したオリジナルな花を創り、美術館の冬の庭に咲かせます。
その後、学芸員のガイドで鑑賞会ツアーをします。

日時:2012年12月24日(月・祝) 13:00~16:00
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
対象:小学生の親子20組
参加費:無料

※事前申し込みが必要です。
葉書またはFAXにて、「名前」「学校名」「学年」「連絡先の電話番号」を明記の上、京都市美術館宛にお送りください。
12月10日(月)の消印有効。参加者多数の場合は抽選となります。
(当選者の方には美術館よりご連絡がございます)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗