1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 世界無形文化遺産登録記念企画展示 「受け継いでいく祇園祭」

世界無形文化遺産登録記念企画展示 「受け継いでいく祇園祭」

2009/11/23 ~ 2010/01/11


【京都文化博物館】

京都文化博物館

『祇園祭礼図屏風』(大阪歴史博物館蔵) 展示期間:11月23日~12月13日
(12月15日~1月11日は『祇園祭礼図屏風』(個人蔵)を展示)

2008年7月、文化庁は、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が無形文化遺産保護条約に基づき2009年に作成する世界の代表的な無形文化遺産のリストに、「京都祇園祭の山鉾行事」の登録を提案すると発表しました。この提案を受け、本年秋のユネスコ政府間委員会で、祇園祭の「世界無形文化遺産登録」が正式に決定されました。



よく知られている通り、祇園祭は、日本を代表する祭礼の一つとして多くの人々に愛されてきました。今回、それが世界の代表的な無形文化遺産に登録されることは、京都の新たな誇りであるといえるでしょう。
本展覧会においては、この祇園祭の世界無形文化遺産登録を記念し、平安時代以来の歴史と伝統をもつ祇園祭を、近世から近現代の歴史資料や美術資料、さらには映像資料などを組み込みながら、展示・紹介します。

主な資料としては、京都府立総合資料館に寄託されている放下鉾・大船鉾の懸装品などの祇園祭関係資料をはじめ、同館所蔵の日本画・古記録・郷土玩具などの美術資料や歴史資料を展示。
また、これに加えて京都市文化財保護課の協力のもと、京都市で作成された貴重な祇園祭の映像資料も併せて公開されます。

千年以上もの長きに渡り、守り受け継がれてきた祇園祭。
展覧会を通じ、改めてその祭礼行事としての価値を再認識・再発信し、新たな歴史の一歩を祝福します。

なお、本展覧会は、同じく世界無形文化遺産登録記念として開催されます特別展「アイヌの美 カムイと創造する世界」展と同時期の開催となります。


CHECK POINT

今では観られない鉾の品も。古から続く祇園祭の歴史が一堂に会します。

毎年7月に開催され、毎年京都の人々のみならず、国内外から多くの方を楽しませている祇園祭。
京都の夏の風物詩として親しまれてきたこの祭の起源は、平安時代、流行した疫病を鎮めようと行われた神事といわれ、以来何度か戦乱などもあって途切れはしつつも、京都の街の人々の手によって現在まで守り受け継がれてきました。
千年以上の長きに渡って行われ続けている祭は、世界的に見ても本当に貴重な存在であるといえます。


【主な展示品と見どころ】


この展覧会では、昔からの祇園祭の様子を描いた絵図や古い記録文をはじめ、明治や大正時代の山鉾巡行の様子を撮影した古写真、祇園祭をテーマにした絵画作品、そして祭の動きまでも記録した貴重な映像資料など、古から続く祇園祭の歴史を映した数々の資料が一堂に会します。
特に、山鉾を彩る懸想品類は見どころ。
今回は「放下鉾(ほうかぼこ)」の見送や後掛といった、実際に祭でも用いられた貴重な染織作品が展示されるほか、現在では残念ながら巡行されていない「大船鉾(おおふなぼこ)」の懸想品類も公開されます。
「動く美術館」とも呼ばれる祇園祭の山鉾。その美しさも間近に堪能できる貴重な機会です。


 


記念講演会も開催。

展覧会に併せた記念講演会も、今回別館にて開催されます。
平安の世から千年以上、京都の街の人々に守り受け継がれてきた祇園祭。
その主役ともいえる山鉾と、それを飾る様々な染織品。その中には日本ではなく遠くはなれた異国にルーツを持っているものもあります。
祇園祭の奥深さを、より感じることができるのではないでしょうか。


【記念講演会 「山鉾風流と渡来染織品について」】


講師:吉田 孝次郎 氏 (財団法人 祇園祭山鉾連合会 副理事長)
日時:2009年12月19日(土)14:00~15:30
場所:京都文化博物館 別館ホール(定員200名/先着順)
料金:無料(常設展・もしくは同時開催の特別展「アイヌの美」展の入場券・半券が必要です)
事前申し込み制です。
往復はがきに住所・氏名、電話番号をご記入の上、(住所・氏名は返信面にもお書き下さい)
京都文化博物館の「受け継いでいく祇園祭展 講演会係」までお送りください。
(参加者一名につき、一枚のはがきでお申し込み下さい)


 


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗