宇宙兄弟展

2014/07/30 ~ 2014/09/23


【京都文化博物館】

京都文化博物館

© 小山宙哉/講談社

幼い頃にUFOを目撃したことをきっかけに、ともに宇宙を目指すことを約束した、兄・六太と弟・日々人の兄弟。月日は流れ、弟は見事に宇宙飛行士の夢を叶えたが、対する兄は弟を侮辱した上司に頭突きしたために会社をクビになっていた。兄は弟に背中を押され、30歳を超えて幼い頃の宇宙への夢に再挑戦する…

少年時代に誓い合った宇宙への夢を追う兄弟を描いた漫画『宇宙兄弟』。2008年の連載開始以来幅広い年齢層から支持を受け、2011年には小学館漫画賞・講談社漫画賞を受賞。累計発行部数は1400万部を超える人気作品です。2012年にはテレビアニメが放送開始、人気俳優による実写映画も公開され、大きな話題となりました。2014年夏には新作アニメ映画「宇宙兄弟#0」も公開されます。

そんな『宇宙兄弟』にとって初の大規模作品展が、原作者・小山宙哉氏の地元でもある京都で開催されます。
細部までの描きこみや正確な機械描写など、貴重な創作過程を見ることができる迫力のオリジナル原画は約200点を展示。絵コンテや設定画などのアニメ関連資料も、新作映画の資料を含め一堂に公開されます。音声ガイドはアニメ版の声優が登場する豪華内容で、キャラクターが近くにいるような気分が味わえます。

また、「展覧会を通じて子供たちに宇宙に興味を持ってもらいたい」という原作者の思いから、宇宙関連資料も多数展示されます。宇宙航空研究開発機構(JAXA)から借用するスペースシャトル模型や宇宙服のほか、江戸時代末期に京都に落ちた「曽根隕石」が京都展限定で特別公開。会期中に開催される体験コーナーでは、作中でも登場した宇宙飛行士の訓練で使用される「ホワイトパズル」や様々な科学工作を体験することができます。
会場内は一部を除き全て撮影可能で、作品のマスコット「APO」の巨大バルーン、キャラクターや実在の歴代宇宙飛行士のパネルと記念撮影できるコーナーも設けられています。


そのほかにも京都の職人とコラボレーションした限定グッズも充実。京都でしか味わえない、作品と宇宙の魅力を余すところなく楽しめる展覧会です。


CHECK POINT

【関連イベント】オモシロ科学体験コーナー

京都を拠点とする学生宇宙団体Noti'sやJAXA宇宙教育指導者の協力により、傘袋を使ったロケットや紙コップを作ったロボット・アーム、宇宙飛行士の訓練でも使用される「ホワイトパズル」などを体験できる常設コーナーです。
8月9日(土)、16日(土)、23日(土)には、学生メンバーによる体験教室も開催されます。

日時:《体験コーナー》会期中全日
   《体験教室》8月9日(土)、16日(土)、23日(土)14:00~16:00
会場:京都文化博物館 3階ワークショップコーナー
※事前予約不要・当日入場者の方限定

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗