1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 開館30周年記念展2「染を語る」

開館30周年記念展2「染を語る」

2011/11/14 ~ 2011/12/22


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館


京都工芸繊維大学美術工芸資料館の開館30周年を記念した連続企画の第二弾として「染を語る」展を開催します。

京都工芸繊維大学美術工芸資料館は、約七千点の染織関連資料も所蔵しています。
これらの資料は、その前身校のひとつである京都高等工芸学校が1902年の設立当初か
ら昭和初期にかけて教員の研究資料及び学生の教育用標本・教材として収集したものが中心となっています。

今回の展覧会「染を語る」では、写し友禅やローラー捺染などの近代の染色技法を理解するうえでは、伝統的な染色技法の理解が必須であるとの考えに基づき、伝統的な染色技法による衣装
及び裂地に加えて、型染用の型紙、染道具類の展示を行い、江戸から近代にかけての染色技法の変遷をご紹介します。

特に近代の染色技法については、今回新しく当館に寄贈を受けた「試染標本帳 試検室備附 甲号第二巻 堀川工場試検室」を始めとする裂地資料の調査結果から、近
代の染色技法を紐解きます。

なお、今回の企画は、2008年の「裂地を辿る」展に続くもので、学外の専門家も交えて構成する染織関連資料調査研究会の活動の発表や報告の場も兼ねております。


CHECK POINT

【関連イベント】染織関連資料調査研究会活動報告

2011年11月25日(金) 14:00 - 17:00
会場:京都工芸繊維大学ベンチャーラボラトリー1F
講演:生谷吉男(元倉敷芸術科学大学)、梶原俊明(元京都市染織試験場)、萩原理一(萩原産業)、藤井健三(元京都市染織試験場)、佐々木良子(京都工芸繊維大学美術工芸資料館)
司会:佐々木健(京都工芸繊維大学)
参加費 無料
※開館30周年記念展2「染を語る」ご覧には別途入館料が必要です。
定員 80名(申込不要・当日先着順)

【関連イベント】ギャラリートーク 「京都工芸繊維大学美術工芸資料館収蔵資料をめぐって」

2011年12月3日(土) 14:00 -
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
講演:生谷吉男(元倉敷芸術科学大学)、梶原俊明(元京都市染織試験場)、萩原理一(萩原産業)、藤井健三(元京都市染織試験場)
司会:佐々木良子(京都工芸繊維大学美術工芸資料館)
参加費 無料
※当日は教育懇談会開催日のため入館料が無料となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗