1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特集展示「神像と獅子・狛犬」

特集展示「神像と獅子・狛犬」

2020/01/02 ~ 2020/03/22


【京都国立博物館】

京都国立博物館

獅子・狛犬 峰定寺伝来 京都国立博物館蔵

我々のご先祖さまは、神さまをどのような姿と考えていたのでしょうか。

今に残る神々の像は、さまざまな姿をしています。京都・薭田野神社の男神坐像のように、冠をかぶって袍をまとい、笏を手にした貴族のような姿のものあり、大将軍八神社の武装形神像のように、甲冑をまとって怒りの表情をうかべているものあり、その姿はバラエティーに富んでいます。

一方、その神さまをまもる役目をもった獅子・狛犬たちも、時代によってその姿は変化します。たとえば滋賀・御上神社のもののように、平安時代後期のものは穏やかで、たてがみも流れるようにあらわされています。それが鎌倉時代になると、おなじく滋賀・大宝神社の例のように、写実的で荒々しくなるというように、仏像と同様の変化をみせます。
ちなみに京都国立博物館所蔵のものは、その中間の時期に位置します。

仏教像とは一味違った魅力を持つ神像、どこか愛らしい、獅子・狛犬たち。そのすがたを、どうぞご堪能ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗