1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2012年夏の企画展「幕末という時代 新選組!」

2012年夏の企画展「幕末という時代 新選組!」

2012/07/31 ~ 2012/09/02


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

来年2013年は、新選組結成150年の記念の年にあたります。
新選組といえば、近藤勇、土方歳三、沖田総司が特に有名です。

意外にも局長の近藤は文学青年で、戦記物を愛読し書道にも通じる努力家でした。
中国の書家を手本にし、頼山陽の書を真似て書の練習をしていました。
また、詩作もしており、京都に来てまもなくの頃に近藤が書いた詩が残されています。

「恩を負うて義を守る皇州の士 一志を伝えんか洛陽に入る 昼夜の兵談何事をなさん 攘夷と斗らん布衣の郎」

近藤の決意のほどが伺える内容です。

また、新選組を鉄の組織としたのは、土方の功績です。
彼は鬼の副長として組織を統制し、行動の美学をもって新選組を幕末最強の剣客集団に育て上げました。
また、新選組 の結束を強固なものにするため、近藤とともに反発する芹沢一派の粛清や山南の切腹、伊東甲子太郎一派の暗殺など苦渋の決断をしました。

沖田総司は永倉新八、斎藤一と並ぶ剣の達人で、大坂力士との乱闘事件や芹沢粛清、池田屋事件などで剣を抜きました。

新選組の名を世に轟かせたのは池田屋事件です。これにより多くの志士を失った長州では兵を京都へ上京させ、結果「禁門の変(蛤御門の変」が起こります。池田屋事件は時代を動かした大事件となったのです。
その後も新選組は弱体化する徳川幕府を支え続け、鳥羽伏見の戦いや甲州勝沼の戦いで新政府軍と激突します。また北関東での戦いや会津戦争、さらに箱館戦争で勇猛果敢に戦い抜きました。

今回の企画展は、そんな新選組の実像に迫るものです。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗