1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2016年夏の特別展「新選組疾風伝」

2016年夏の特別展「新選組疾風伝」

2016/07/12 ~ 2016/09/11


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

霊山歴史館2016年夏の特別展では、幕末の京を駆け抜けた新選組に焦点を当て、その思いと行動を探ります。

注目の展示品は、初公開となる新選組局長・近藤勇の所用刀2振りです。最近は女性が火付け役となった刀剣ブームが巻き起こっており、新選組やその愛刀にも注目が集まっています。今回紹介する刀は「陸奥大掾三善長道」「阿州吉川六郎源祐芳」。長道は池田屋事件における活躍の褒賞として会津藩主で京都守護職の松平容保より近藤が賜ったものです。この刀は近藤が流山で捕縛された際に土佐の谷干城が戦利品として没収し、後に土佐藩主・山内家に献上した品といわれます。もう一振りの祐芳は斬首された近藤の首級が京都の三条河原に晒された際、下僕が首と共に会津へ持ち去ったと伝わる近藤の愛刀です。

このほかにも、初展示以来大きな反響を呼んでいる新選組副長・土方歳三の愛刀のひとつ「大和守源秀国」も引き続き展示します。戊辰戦争をはじめ数多の戦闘を潜り抜けてきた実用刀で、後に会津藩士秋月登之助が懇願して譲り受けたという経緯もあわせて刻まれています。今回の特別展にあたり、「幕府侍 土方義豊 戦刀(いくさがたな)」の裏銘が見えるかたちで特別展示を行います。

さらに、坂本龍馬暗殺の実行犯とされる京都見廻組・今井信郎の「(菊紋)山城守源一法」や新徴組隊士・瀬尾権三郎の大小、西南戦争で別府晋介が西郷隆盛を介錯した脇差など、幕末明治に活躍した人々に関連する刀剣類もあわせて展示します。

加えて、こちらも初公開となる新選組隊士・島田魁の葬儀関連資料など、新選組とその周辺の人々に関わる貴重な史料を多数展示します。この機会にご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】初夏の特別講演会「新説!!近藤勇と土方歳三の愛刀についてー近藤勇の虎徹は真物だった!?」

幕末の京都で治安維持に命をかけた新選組。なかでも近藤勇が所持していたとされる「虎徹」の真贋は研究家の論議の的になっています。また、土方歳三の愛刀は現在3点が確認されています。
この講演会では、新選組刀剣研究家・権 東品氏に近藤勇と土方歳三の愛刀について語っていただきます。

日時:2016年7月17日(日)13:30~
会場:霊山歴史館 講堂
講師:権 東品氏(新選組刀剣研究家)
定員:160名(先着順・事前申込不要)
料金:一般500円、友の会会員無料

【関連イベント】夏休み子供歴史教室「新選組の謎に迫る」

2016年度の霊山歴史館・夏休み子供歴史教室は「新選組の謎に迫る」をテーマに行います。
学芸員によるわかりやすい展示史料解説のほか、ミニ講演会、電子紙芝居「近藤勇」の鑑賞会も実施します。

日時:2016年8月6日(土)13:30~15:00
会場:霊山歴史館 講堂
講師:木村幸比古氏(霊山歴史館副館長)、木村武仁氏(霊山歴史館学芸課長)
定員:100名(要予約・申込先着順)
対象:小学生・中学生・高校生とその保護者(小学生は保護者同伴必須)
料金:大人500円、子供300円(入館料含む/友の会会員は無料)

《申込方法》
氏名・住所・電話番号・学年・保護者参加の場合は保護者名を添えて
電話・FAX・メールまたは郵便でお申込みください。

あて先:〒605-0861京都市東山区清閑寺霊山町1 霊山歴史館事務局
TEL:075-531-3773/FAX:075-531-3774/メール:office@ryozen-museum.or.jp

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗