1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 親鸞聖人七百五十回忌 真宗教団連合四十周年記念 「親鸞展 生涯とゆかりの名宝」

親鸞聖人七百五十回忌 真宗教団連合四十周年記念 「親鸞展 生涯とゆかりの名宝」

2011/03/17 ~ 2011/05/29


【京都市美術館】

京都市美術館



国宝「鏡御影(かがみのごえい)」(鎌倉時代・13世紀/京都・西本願寺蔵)
活き活きとした表情や崇高な個性がよく表現され,
親鸞の肖像画の中でも特に傑作といわれる作品。顔は繊細な線描で克明に、衣服はラフな描線でデッサン風に描かれている。作者は似絵(肖像画)の名手・藤原信実の弟子の専阿弥陀仏。


浄土真宗の宗祖・親鸞聖人。彼は鎌倉時代に活躍した、日本を代表する仏教者のひとりです。

ひたむきに仏教と向き合った親鸞は、阿弥陀如来の誓願(※1)である「本願の力」がすべての人々を救うと説きました。即ち、阿弥陀如来の「仏を信じる全てのものを救う」と誓いの心があるからこそ、仏を信じる人は全て救われる、ということ。親鸞のこの教えは、苦しみや 悩みを抱えた人々の心を救い、やがて身分や立場を超えて多くの人々に広がっていきました。
親鸞を慕う人たちの集まりは、やがて巨大な輪となっていき、現在では親鸞を宗祖とする西本願寺、東本願寺をはじめとする浄土真宗教団連合加盟十派の関係寺院は国内に約2万3千寺。門信徒の数も約2000万人を数えます。またその教えは日本だけでなく海外にも広がっています。

2011年は親鸞聖人が亡くなって750回忌の大法要を迎える節目の年。この「親鸞展」は、半世紀に一度の節目を記念する、親鸞に関する大回顧展です。

展覧会では、全国に広がる親鸞聖人ゆかりの品々を一堂に公開します。
親鸞聖人が筆をとった「南無阿弥陀仏」の名号(※2)や、経註、和讃など数々の真筆(本人が書いた筆跡)、親鸞聖人の姿を描いた御影(肖像画)をはじめ、各本山、関係寺院などに伝わる親鸞の行動を記した文書(聖動文書)、歴史資料、各寺院に伝わる美しい障壁画や絵画の名宝まで、文化の枠を極めた美術品を、可能な限り集めました。
その数は国宝9件・重要文化財35件を含め130件に及びます。

親鸞の生まれ故郷でもあり、90歳の長い生涯を閉じた場所でもあるゆかりの地・京都での大回顧展。
展示を通して現代に伝えられる親鸞聖人の教えやその生き方は、何かと不安や混迷も広がる今を生きる私たちにとっても、何かの指針をもたらしてくれるかもしれません。



※1「誓願(せいがん」:仏道を志すものが願いを成就させるという誓いを立てること
※2「名号(みょうごう)」:仏や菩薩の名前のこと。浄土真宗では特に「阿弥陀仏」のことを指す。親鸞は名号は仏の「衆生救済(生きとし生けるもの全てを救う)」という願いが形となって表れたものであるとした。






重要文化財「本願寺聖人伝絵(ほんがんじしょうにんでんね/康永本)」
(南北朝時代・康永2年(1343)/京都・東本願寺 蔵)
親鸞の生涯を絵とことばで表したもの。
親鸞の曾孫の覚如が1295年に原本を作成したが、その後南北朝の戦乱で焼失した。
幸い古写本が残っていたため、それを元に覚如自らが再度作成。
当初より2段エピソードを追加し「最終完成版」としたのがこの作品である。






親鸞の師匠・法然の展覧会も同時期開催。はしごしてもっと楽しめる!

2011年は、親鸞聖人750回忌であると同時に、親鸞の師匠にあたる法然上人800回忌の年でもあります。同時期に開催される「法然上人八百回忌 特別展覧会 「法然 生涯と美術」」(京都国立博物館・3/26~5/8)と併せてご覧になると、より理解が深まります。展覧会の相互割引も実施!


CHECK POINT

展覧会の見どころをチェック!

半世紀に一度の記念の年。三十八年ぶりの大展覧会!


親鸞聖人の750回忌大法要は、今年2011年を中心に、全国にある関係各派の本山で営まれます。
この大法要は50年に一度、半世紀に一度のペースで開催されます。まさに今年は50年ぶりの大規模な催しが行われる記念すべき年。数多くのイベントも予定されています。
また、親鸞聖人にスポットをあてた大規模な展覧会としては、1973年(昭和48年)の生誕800年記念の展覧会依頼、実に38年ぶりです。

親鸞聖人ゆかりの貴重な肖像・真筆の著作が一堂に。


今回の見どころ作品のひとつが、国宝「鏡御影(かがみのごえい)」。特に親鸞聖人らしさが現れている肖像画といわれ、墨の線だけでその個性が活き活きと描き出されています。
また、親鸞本人の筆による浄土真宗の根本聖典(教えの要点を書き記した基本テキスト)、国宝『教行信証(坂東本)』は、親鸞が考えに考え、推敲を重ねて書き上げたその過程も滲み出ている貴重な資料です。
他にも展覧会では、各寺院に大切に受け継がれてきた肖像画や本人自筆の著作物、人間性が現れた手紙などが、展示替えを交えて一堂に勢揃いします。
間近に見る表情や筆遣いから、「親鸞」その人の姿に迫ります。

真宗寺院で育まれた宝物の数々を公開!


親鸞が亡くなった後、その子孫や弟子達により、彼の教えを受け継ぐ浄土真宗は発展していきました。それに伴い、見事な仏像や教えが人へ伝わる流れを示す絵系図など、親鸞の教えを人々に伝える様々な法宝物が生み出されました。
展覧会では、全国各地の寺院に大切に伝えられてきたそれらの品々も一挙公開。
親鸞が説き、多くの人々に受け継がれたその教えの世界をご紹介します。

仏教関連だけじゃない!寺院に集まった美しい名宝の数々も。


寺院が発展するのに伴い、そこには日本の文化の粋を極めた数多くの美術品も集まりました。
例えば、12世紀の初め、平安時代に書写された三十六歌仙の家集・国宝「三十六人家集」は、雅な筆跡はもちろん、それが書かれた料紙も金箔銀箔がふんだんに施された大変美しいもので、料紙装飾の最高峰とも評される名品。平安時代の貴族達の美意識の高さを今に伝えます。
その他にも、各寺院が守り伝えてきた障壁画や絵画など、日本美術を代表する数多くの名宝をご紹介します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗