1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 大谷大学博物館
  5. 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念 「親鸞-真宗本廟の歴史-」

宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念 「親鸞-真宗本廟の歴史-」

2011/10/11 ~ 2011/11/28


【大谷大学博物館】

大谷大学博物館


2011年は浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の750回御遠忌にあたり、大谷大学博物館では、親鸞聖人をより多くの方に知っていただくため、2010年より3年間の予定で、毎年個別のテーマを設けてゆかりの宝物をご紹介する展覧会を開催しています。

今回は「親鸞-真宗本廟の歴史-」と題し、親鸞聖人の教えを絶えることなく守り続けた真宗本廟(東本願寺)の歴史について紹介します。

本廟の歴史は、文永9年(1272)に京都東山・吉水の北辺に親鸞の墓所が改葬され「大谷廟堂」が建立されたことにはじまります。その後、本願寺の第三代・覚如により元亨元年(1321)に寺院化され、「本願寺」として親鸞聖人の教えと人々が出会う根本道場と定められました。
しかし、寛正6年(1465)に比叡山の衆徒によって本願寺は破却され、第八代・蓮如は親鸞の影像(肖像画)を伴い、近江金森・堅田などに転居します。文明3年(1471)には越前吉崎に赴き、坊舎(僧侶の住まい)「吉崎御坊」を建立しました。その後蓮如は吉崎を立ち退き、河内出口に滞在し、文明10年(1478)に京都山科の地に坊舎を造営。その2年後には親鸞の影像を仮の仏殿に安置して山科本願寺となります。


ところがこの山科本願寺も、天文元年(1532)には近江の六角氏や法華一揆の攻撃で焼失してしまいます。本願寺の第十代・証如は、摂津国・大坂に転居して新たに大坂本願寺(石山本願寺)とします。しかしこれも元亀元年(1570)に織田信長に退去を迫られ、天正8年(1580)4月に第十一代・顕如が退去。顕如の長男・教如らは退去を拒み籠城しましたが、同年8月には退去しました。

天正19年(1591)、豊臣秀吉からの京都移転の命を受け入れた顕如は、京都の六条堀川に場所を移すことになりました。しかし顕如が翌年に亡くなり、後継を巡って問題が起きます。結果、秀吉は教如の隠退と、顕如の三男・准如の継職を命じます。
そして教如には徳川家康が慶長7年(1602)に京都東六条の地を寄進し東本願寺が生まれ、二つの本願寺が東西に別立することになりました。

この展覧会では、廟堂の成立を「大谷廟堂の成立」、大谷廟堂破却後の蓮如と吉崎御坊を「蓮如と吉崎御坊」、山科での本願寺再興を「山科本願寺の周辺」、そして大坂移転とその後を「大坂本願寺とその後」と、四つのテーマで構成しています。
貴重な作品や資料の数々と共に、京都を代表する寺院「東本願寺」の歴史とあゆみをご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

展覧会を記念し、講演会が開催されます。

会場:大谷大学響流館 3階メディアホール
時間:14:00~
※聴講無料・事前申し込み不要

10月15日(土)「大坂本願寺と寺内町」


講師:上場 顕雄(真宗大谷派教学研究所嘱託研究員)

11月3日(木・祝)「山科本願寺と寺内町」


講師:草野 顕之(大谷大学長)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗