1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 宸翰(しんかん) 天皇の書 -御手が織りなす至高の美-

宸翰(しんかん) 天皇の書 -御手が織りなす至高の美-

2012/10/13 ~ 2012/11/25


【京都国立博物館】

京都国立博物館


意外かもしれませんが、歴代の天皇は自らの手で多くの作品を残しています。
とりわけ、天皇の書は「宸翰(しんかん)」とよばれ、その内容はプライベートなものから国家の安泰を願うものまで、実にバラエティ豊かです。
これは、天皇が政治や宗教、文化などの各方面において時代を牽引する存在であったことを示しています。
帝王としての自覚の下に書かれた宸翰は「書の王者」と言っても過言ではない気品・風格を備えており、史料としても美術品としても多くの人々を惹きつけてやみません。

世に「宸翰」と伝えられるものは驚くほどたくさんありますが、この展覧会では、奈良から昭和時代までの紛うことなき宸翰約140点近く(国宝17点、重要文化財66点)が一堂に公開されます。
これだけの規模で宸翰作品がそろうことは、かつてないことです。

日本には「古筆」といわれる名人たちの書を集め、鑑賞する文化がありました。
書作品は「読む」ものであると同時に、筆の運び方や紙の使い方といった造形的な美しさなどを「見て」感じるものでもあるのです。とりわけ後者には、自筆ならではの個性や書き手である天皇の喜怒哀楽の感情が、ひとつひとつの文字に見え隠れし、ホンモノだけが持つ魅力に溢れています。

この機会に、「書の王者」宸翰が放つまばゆいばかりのホンモノのオーラを、ぜひご覧ください。

※会期中、一部展示替えされる作品がございます。

CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

会場:京都女子大学 J校舎5階 J525教室 ※京都国立博物館ではございません
時間:13:30~15:00
※聴講無料(定員:各190名)

【申し込み方法】
往復はがきに「聴講希望日」「住所」「氏名」「年齢」「職業」「電話番号」を明記の上、下記のあて先までお送りください。
※往復はがき1枚につき1名様1回分のお申し込みとなります。
※定員となり次第締め切りとなります。

あて先:〒605-0931 京都国立博物館「土曜講座」係

宸翰と古筆-桃山・江戸時代の天皇の手習い


開催日:2012年10月13日(土)
講師:下坂 守氏(奈良大学文学部教授)

中世の天皇と宗教―手印が捺された文書を中心に―


開催日:2012年10月27日(土)
講師:上島 享氏(京都府立大学文学部准教授)

宸翰の薫りと三跡―筆致に宿るもの―


開催日:2012年11月10日(土)
講師:丸山 猶計氏(九州国立博物館学芸部主任研究員)

宸翰―資料と美術のコンチェルト―


開催日:2012年11月24日(土)
講師:羽田 聡氏(京都国立博物館学芸部研究員)

【関連イベント】国際シンポジウム「天皇・皇帝の書をめぐって」

日時:2012年11月18日(日)13:00~17:00
会場:京都市勧業館 みやこめっせ
※聴講無料

【お申し込み方法】
往復はがきに「住所」「氏名」「年齢」「職業」「電話番号」を明記の上、下記のあて先までお送りください。
※往復はがき1枚につき1名様のお申し込みとなります。

あて先:〒605-0931 京都国立博物館「国際シンポジウム」係


第一部 研究発表


「歴代天皇の書―宸翰様の成立を中心に―」:湯山賢一氏(奈良国立博物館館長)
「比類なく卓越した洪武帝の書」:傅紅展 氏(故宮博物院〈北京〉古書画部主任研究館員)
「筆と白絹に託す―乾隆帝の書の志業」:何傳馨 氏(故宮博物院〈台北〉書画処処長)


第二部 パネル・ディスカッション


湯山賢一氏
傅紅展 氏
何傳馨 氏
羽田 聡(京都国立博物館学芸部研究員)
(司会)赤尾栄慶(京都国立博物館学芸部副部長)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗