1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 文化勲章受章記念「志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―」

文化勲章受章記念「志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―」

2016/02/02 ~ 2016/03/21


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)志村ふくみ「秋霞」1959年 京都国立近代美術館(通期展示)
(2)志村ふくみ「紅襲(桜かさね)」1976年 滋賀県立近代美術館(後期展示:3月1日~21日)
(3)志村ふくみ「風露」2000年 (前期展示:2月2日~28日)


現代日本の染織分野に独自の世界を展開する志村ふくみ。
大正13年(1924)に滋賀県近江八幡市に生まれた彼女は、民藝運動にも深い関わりをもつ母・小野豊の影響で織物の世界に入り、以後60年以上に渡って創作活動を続けてきました。昭和32年(1957)の第4回日本伝統工芸展に初出品で入選を果たして以来、その後数多くの受賞を重ね、平成2年(1990)には紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)にも認定されました。

志村ふくみの作品は、草木からの自然染料で染められた糸によって織り上げられています。古今東西の宗教や文化からもインスピレーションを得る彼女は、各地のさまざまな植物を素材とし、草木それぞれが持つ色を引き出し、ひとつひとつ手機の紬織で布や着物へと仕上げています。その作品は多くの人を魅了し、日本はもちろん世界的にも高く評価されています。
「民衆の知恵の結晶である紬の創作を通して、自然との共生という人間にとって根源的な価値観を思索し続ける芸術家」として、平成26年(2014)に第30回京都賞(思想・芸術部門)を受賞、そして平成27年(2015)には文化勲章を受章しました。

文化勲章受賞を記念して開催される今回の展覧会では、そんな志村ふくみの作品を、代表作を中心に初期から最新作まで一堂に展示します。60年におよび創作の歩みとともに、志村ふくみの魅力とその芸術の核心に迫ります。

※この展覧会は前後期制度です。途中展示替となる作品がございます。
【前期】2月2日~28日/【後期】3月1日~21日


CHECK POINT

【関連イベント】対談「紬の着物を着て茶室に入ること」

出演:志村ふくみ氏、熊倉㓛夫氏(静岡文化芸術大学学長)
日時:2016年2月13日(土)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
定員:200名(先着順受付/事前申込不要)
※聴講無料。当日10:00より1階受付にて整理券を配布します

【関連イベント】講演会「母衣(ぼろ)への回帰」

出演:志村ふくみ氏、志村洋子氏(聞き手)
日時:2016年3月6日(日)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※聴講無料。当日10:00より1階受付にて整理券を配布します

【関連イベント】キッズプログラム鑑賞ツアー「これはどんな色?」

志村ふくみの着物の「色」から自由にイメージを膨らませてみよう。
おしゃべりしながら作品を楽しむツアーです。

日時:【1】2016年2月20日(土)14:00~15:00
   【2】2016年3月12日(土)14:00~15:00
定員:各回10名(小学生対象・保護者見学可/要申込・先着順受付)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂・3階企画展示室
料金:無料(保護者の方は見学の場合「志村ふくみ」展の観覧料が必要です)

《申し込み方法》
(1)氏名(ふりがな)(2)年齢(3)性別(4)参加希望日時(5)連絡用メールアドレス
(6)携帯電話番号(7)見学者の有無(いる場合は人数とお名前)

以上の必要事項を沿えて、電話(平日10:00~17:00)またはメールにてお申込みください。

・申込用電話:075-762-1711(京都国立近代美術館学芸課・学習支援係)
・申込用メール:info@ma7.momak.go.jp(件名には「キッズプログラム申し込み」と記入)

※定員に達し次第募集終了となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗