1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 下田直子ハンドクラフト展―手芸っておもしろい!

下田直子ハンドクラフト展―手芸っておもしろい!

2014/02/01 ~ 2014/02/24


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

手芸作家・下田直子による個展です。
下田直子は、1980年代に一世を風靡した「一つ目小僧」や「FICCE UOMO」などでニットデザイナーとして活躍した後、アメリカ・ニューヨークに渡り、素朴なフォークアートやアンティークの素材に魅せられ手芸作家として の道を歩みます。
帰国後、「毛糸だま」(日本ヴォーグ社)に自らデザインしたニット作品を連載し大好評を博し、1993年には福島県立美術館で開催された 「現代の染織」展で芹澤 銈介や志村ふくみとともに現代作家の一人に選ばれました。
2005年「かぎ針編みっておもしろい」、2006年「かぎ針編みっていいね」(ともに文化出版 局)を出版、手芸本としては異例の10万部以上を販売する大ヒット商品となり、幅広いファン層を獲得しています。
その後も、様々なジャンルにわたって手芸 の本を発表。総売り上げ部数は70万部以上にもおよびます。

下田の作風は、パッチワーク、刺繍、アップリケ、編物、ソーイングなどの手法はもとより、自身で 集めたアンティークのレースや布、ビーズ、フェルトなど多種類の素材を駆使して制作され、手芸界にはないマルチぶりを発揮しています。
また、彼女は「手作りバッグの火付け役」とも言われています。

今回の展覧会では初期に制作されたニット作品をはじめ、代表作のバッグや小物、アクセサリーなど手芸を超えたポップアートといわれる作品や未発表作、新作を含む約 350点を展示します。
高度な技術と生き生きとした色使い、素材の豊かさに彩られた「手でものを作り出す」ことの素晴らしさ、楽しさ、大切さを改めて感じていただけます。手芸界のカリスマ・下田直子の世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】サイン会

日時:2月1日(土) (1)11:00~ (2)14:00~
会場:美術館「えき」KYOTO
※展覧会図録をサイン会当日にお買い上げの方が対象です。
※先着100名様にサイン会の参加券をお渡しいたします。

下田直子 プロフィール

1953年東京生まれ。1973年文化服装学院ハンディクラフト科卒業。ニットデザイナーとして「一つ目小僧」「FICCE UOMO」に勤務。その後渡米、ニューヨークに2年半滞在。帰国後手芸作家として活動を始める。1993年福島県立美術館で開催された「現代の染織」で現代作家の一人に選ばれる。1998年手芸スクール「MOTIF」をオープン。現在まで約30冊の著書が出版されている。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗