1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展観「山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝」

特別展観「山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝」

2015/01/02 ~ 2015/02/15


【京都国立博物館】

京都国立博物館

【作品画像】
(1)重要文化財「銅造観音菩薩立像」飛鳥時代(持統天皇6(692)年)島根・鰐淵寺蔵
(2)重要文化財「銅造観音菩薩立像」奈良時代  島根・鰐淵寺蔵
(3)「山王七社本地懸仏」室町時代 島根・鰐淵寺蔵
 

2014年秋にオープンした、京都国立博物館・平成知新館。館内の特別展示室では、期間ごとにテーマを定めた、さまざまな分野の特別展示を行います。

2015年の幕開けには、島根県にある寺院・鰐淵寺(がくえんじ)に伝わる名宝をご紹介します。

山陰地方を代表する古刹のひとつである鰐淵寺は、奈良時代・推古天皇の時代に、智春上人によって開かれたと伝えられています。その後比叡山との関係が深まるとともに天台宗の寺院となり、平安時代には後白河法皇の『梁塵秘抄』にも聖(ひじり/徳の高い僧侶)の住まうところとして「出雲の鰐淵や日の御碕」とうたわれるなど、みやこの人々にも知られる有名な聖地でした。
その一方で、出雲大社で行われる仏事を鰐淵寺の僧が務めるなど、出雲大社とも密接な関係を保っていました。

鰐淵寺にはこうした歴史を示す、古代の金銅仏や天台密教の像や仏具、懸仏(かけぼとけ/仏の姿を刻んだ浮き彫り。神社の絵馬の相当)、神像、古文書などが数多く伝わっています。
今回は、2015年に鰐淵寺で32年ぶりとなる本尊の御開帳が行われることにあわせ、持統天皇6年(692)作と刻まれた飛鳥時代の「観音菩薩立像」や、仏像とは異なる個性や特徴を持つ貴重な神像など、選りすぐった約30点の作品をご紹介します。
古代から中世に至る、出雲の地における神と仏の信仰文化を、この機会にぜひご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

中世出雲国 鰐淵寺の歴史


日時:2015年1月31日(土)13:30~15:00
講師:佐伯徳哉氏(島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名
料金:無料(ただし、観覧券が別途必要です)
※事前申込不要。当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
 定員に達し次第締切となります。

鰐淵寺と天台の密教法具


日時:2015年2月7日(土)13:30~15:00
講師:末兼俊彦氏(京都国立博物館研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名
料金:無料(ただし、観覧券が別途必要です)
※事前申込不要。当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
 定員に達し次第締切となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗