1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展 -バムとケロ、ぶた(SIKA)の世界-

島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展 -バムとケロ、ぶた(SIKA)の世界-

2011/07/21 ~ 2011/08/14


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


しっかり者の心優しいバムとおちゃめなケロとの絶妙なコンビが繰り広げる楽しい絵本「バムとケロ」は、カナダ在住の島田ゆかさんが生み出す人気絵本シリーズです。

明るく洗練された色づかいでサブキャラクターや雑貨まで丁寧に描かれ、何度絵本を開いても飽きることはありません。


フィンランドの絵本作家ユリア・ヴォリさんの「ぶた」シリーズは、都会で暮らす「ぶた」が主人公。濃淡が美しい色づかい、チャーミングなキャラクター、
シュールなストーリーでイタリア・ボローニャの絵本賞を受賞。絵本ファンの間でも話題となり、おしゃれな 北欧の絵本として注目を集めています。


二人の出会いは、今から20年ほど前に東京で開催されたボローニャ国際絵本原画展で、島田さんがユリアさんの絵を見たことから始まります。その後お互いの作品にひかれあいながら親交を深め、今回の展覧会が実現しました。


展覧会では、絵本原画、スケッチ、映像から貴重な共作まで約150点を展示し、二人の絵本作家がつくるキュートな世界をご紹介いたします。

CHECK POINT

【関連イベント】絵本読み聞かせ会

子どもと本をつなぐ活動をされている「かみふうせん文庫」による読み聞かせ会です。
「バムとケロ」シリーズの絵本をお楽しみいただけます。

日時:7月24日(日)・8月6日(土)・7日(日) 各日11:30~/14:00~ (各回約20分)
会場:ジェイアール京都伊勢丹7階=南エレベータ前
※参加無料
※ご参加いただけるスペースに限りがございますので、入場を制限させていただく場合がございます。
※イベント内容に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

【関連イベント】島田ゆかさんサイン会

日時:7月30日(土)14:00~/7月31日(日)11:00~
会場:美術館「えき」KYOTO
参加方法:サイン会当日(午前10時より)、会場にて本展覧会図録または対象書籍をお買いあげの方、各日先着100名さまに参加券をお渡しいたします。
※参加券はおひとりさま1枚に限らせていただきます。
※サインは当日お買いあげの図録または対象書籍にのみさせていただきます。
※開館前にお並びいただく場合は、京都駅ビル大階段7階・美術館側入口にてお待ちください。
※イベント内容に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

作家プロフィール

島田ゆか


東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。
パッケージデザインなどを経てフリーに。
絵本に『バムとケロのにちようび』、『バムとケロのそらのたび』、『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『バムとケロのもりのこや』、『かばんうりのガラゴ 』、『うちにかえったガラゴ』(以上、文溪堂)、『かぞえておぼえるかずのえほん』(すずき出版)、『ぶーちゃんとおにいちゃん』(白泉社)がある。
カナダ在住。

ユリア・ヴォリ


ヘルシンキ美術工芸大学で美術を学ぶ。
2001年、日本に紹介された絵本『ぶた』(文溪堂)は、「ぶた」の日常を描いた作品で「ヨガ」や「セラピー」など、絵本としては斬新なテーマを取り入れつつ等身大で愛らしいキャラクターが、若い女性を中心に支持を集めている。
ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞 (2001年)、IBBY(国際児童図書評議会)オナーリスト優秀作品賞(1996年)、ルドルフ・コイヴ賞(1999年)など受賞多数。
夫、3人の男の子と共にフィンランド・ヘルシンキ在住。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗