1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 京都市美術館コレクション展 第1期 「円と方」

京都市美術館コレクション展 第1期 「円と方」

2010/04/10 ~ 2010/06/20


【京都市美術館】

京都市美術館









八木一夫《方》(昭和53年)


梶原緋佐子《静閑》(昭和13年)


毎回ユニークな切り口での展示に定評のある、京都市美術館コレクション展。
2010年度の第1期のテーマは「円と方」です。

「水は方円の器にしたがう」(水はこれといった形を持たず、入れられた器によって四角にも丸にも形を変えること。人は周囲の環境によって幾らでも変化する意)という言葉があるように、丸いものと四角いものは、しばしば形や状況の対極として捉えられます。

この展覧会では、近現代の日本美術において、円
と方という対比的な形がどのような意味を持ってきたのかを探ります。丸い器と四角い器、四角い画面と丸い形、曲がった線と真っ直ぐな線...など、方と円の比較や対比
は、その作品を支える意味と形の仕組みについての新たな発見を導くのでしょうか。

今回は京都画壇を代表する作家・竹内栖鳳や菊池契月などのほか、黒田重太郎、河口龍夫、井田照一らの作品を展示します。
CHECK POINT

関連イベント

【ギャラリートーク】
毎回恒例のギャラリートーク。
展示会場内で、学芸員さんが実際に作品を前にして解説してくださいます。

日時:2010年4月24日(土)、5月9日(日) 14:00~15:00
参加費:無料(入場料のみで参加できます)

【ワークショップ】
「和菓子に感じる円と方」
受け継がれてきた伝統により、洗練を極める京都の和菓子。
円と矩形、○と□という基本的な形をモチーフにしながら、
眼と手でその匠の一端に触れるワークショップです。
講師は京都の老舗和菓子店・長久堂の職人さんが務めます。

日時:2010年6月6日(日)13:00~16:00
会場:京都市美術館 講演室
講師:横山 長尚 氏(長久堂)
参加費:1000円
対象:高校生以上
定員:20名程度
※事前の申し込みが必要です。応募者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承下さい。
※申し込み締切日:5月21日(金)(必着)

※ワークショップへの申し込み方法
ワークショップ名と参加希望者の方全員の氏名・年齢・住所・連絡先の電話番号を明記し、
京都市美術館までハガキ・FAX・メールのいずれかでお知らせ下さい(締切日必着)
参加の可否につきましては、締切後3日以内に電話・メールにて申し込まれた方全員にお知らせします。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗