1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 帝室技芸員 series2 蒔絵 ~白山松哉とその弟子たち~

帝室技芸員 series2 蒔絵 ~白山松哉とその弟子たち~

2011/02/25 ~ 2011/05/22


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


2010年8月~11月に開催された「帝室技芸員」作家の作品展第二弾。前回の柴田是真に続き、漆芸・蒔き絵の作家を取り上げます。

明治・大正時代に活躍した漆芸家・白山松哉(しらやま・しょうさい/1853-1923)。
明治39(1906)年に、漆芸家・蒔絵師としては柴田是真、川之辺一朝、池田泰真に次いで四人目として帝室技芸員(現在でいう人間国宝にあたる)に任命されました。東京美術学校(現在の東京芸術大学)の漆芸科の教授としても活躍し、多くの優秀な弟子達を育てたことでも知られています。中でも守屋松亭、鵜沢松月たちは多くの名品を残しました。

どんな名工も人間ですから、駄作と呼ばれるものが一つはあるもの。
しかし松哉の作品には一切駄作がないといっても過言がないほど、全ての作品が美しく気品に富んでいます。まさに完璧といえるその作品から、決して妥協を許さない人であったろう、松哉の職人としての心が伝わってきます。
松哉は蒔絵・螺鈿・塗のどれにも優れていましたが、特に彼の精巧・繊細な研出蒔絵(※)は他の追随を許さないレベルでした。彼の作品はどれも独創性に富み、他の作家の作品とは容易に区別がつきます。それは図柄にも技法にも言えることなのですが、もしかしたら創作における感性そのものが他の作家とは違うものを持っていたと言えるかもしれません。

今回の展示では、白山松哉の作品のほか、彼が育てた弟子達の作品も併せて展示。双方を比較しながら、その共通点・相違点等もお楽しみください。また同時に、松哉の息子で画家として活躍した白山春邦の作品もご紹介します。

※研出蒔絵(とぎだしまきえ)
蒔絵の基本的技法のひとつ。漆地の上に絵漆で文様を描き、乾かないうちに金銀粉・色粉などを蒔き付ける。その後透き漆あるいは黒漆を上から塗り乾燥させ、磨いて下の文様・金銀粉などをおぼろにあらわす。

CHECK POINT

館長による展示解説イベント

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2011年3月26日(土)14:00~
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗