1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 ―美と向き合う、美を愉しむ―

神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 ―美と向き合う、美を愉しむ―

2014/10/04 ~ 2014/12/14


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】(1)仙厓「布袋画賛」 (2)仙厓「円相画賛」 (3)鍋島 色絵五方唐花文梅皿 (4)鍋島 色絵櫻花籠文皿

江戸後期に活躍した臨済宗古月派の僧・仙厓義梵(1750-1837)は、博多・聖福寺の住職を20年勤め、その間に洒脱で飄逸な禅画を多く遺しています。伸びをしているような愛らしい布袋図など、職業絵師とは違ったユーモアあふれる温かい画風は、現代でも多くの人々に愛され続けています。
一方の鍋島焼は、17世紀から19世紀にかけて、現在の佐賀県伊万里市の大川内山にあった、鍋島藩の藩窯で焼かれた磁器です。藩の厳しい統制の下に品質確保と製作技術の漏洩防止が徹底され、主に藩主の所用品や将軍への献上品、大名・公家への贈答品が製造されていました。妥協を許さず、精巧な技術と優美な意匠、独自に洗練された美意識は、高級磁器としての地位を確立しました。
明治時代に入り廃藩置県によって藩窯が閉鎖されたことで鍋島焼の製造は終わりを告げますが、その伝統と技法は現在にも受け継がれています。

今回の展覧会では、奇しくもともに九州の土地で育まれた仙厓の絵画と鍋島焼きを、40年間収集を続けてきたコレクター・神尾勇治氏のコレクションのなかから展示します。コレクターの目を鍛え続けてきた、美の緊張感と面白さを感じながら、個性豊かな作品の数々をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】アートキューブレクチャー「仙崖と鍋島の魅力-神尾勇治コレクションの精華-」

展覧会をより深く楽しめるレクチャーイベントです。

日時:2014年11月1日(土)14:00~
講師:荒川正明氏(学習院大学教授)/淺井京子氏(早稲田大学 曾津八一記念博物館 特任教授)
会場:京都市勧業館(みやこめっせ)大会議室

※詳細は公式サイトにてご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗