1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 新春特集陳列「さるづくし-干支を愛でるー」

新春特集陳列「さるづくし-干支を愛でるー」

2015/12/15 ~ 2016/01/24


【京都国立博物館】

京都国立博物館


【作品画像】
(1)「猿図絵馬」森狙仙筆 兵庫・柿本神社
(2)重要文化財「巌樹遊猿図屏風」左隻 式部輝忠筆 京都国立博物館
(3)重要文化財「巌樹遊猿図屏風」右隻 式部輝忠筆 京都国立博物館


2016年の干支は「申(さる)」です。これにちなんで、年末から新春にかけての京都国立博物館では、猿を描いた絵画や猿をモチーフとした工芸品をご紹介します。

人里にも姿を見せるニホンザルは、古くより日本人にとって身近な動物でした。そのため、ことわざや慣用句、昔話など日本のさまざまな文化と深い関わりをもち、多くの作品にその姿が表されてきました。
江戸時代には、伊藤若冲や曾我蕭白、長沢芦雪といった錚々たる絵師が個性豊かな猿を描いています。特に森狙仙は生命感あふれる猿の姿を描き出し、猿の名手と謳われました。

今回の展覧会ではそんな江戸時代の絵師たちの作品をはじめ、猿が登場する物語を描いた絵巻物、斬新なデザインの根付などを一堂に展示。さらに、日本では見ることが難しかったテナガザルをほほえましい姿で描いた中世水墨画の名品もご紹介します。

日本や中国において親しまれてきた、猿の多彩なイメージをぜひお楽しみください。
 

同時開催

特集陳列「刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-」12月15日~2月21日
特集陳列「獅子と狛犬」12月15日~3月13日


CHECK POINT

【関連イベント】関連土曜講座

猿へのまなざし-申年にちなんで-


日時:2015年1月23日(土)13:30~15:00
講師:井並林太郎氏(京都国立博物館研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
料金:無料(ただし展示観覧券が別途必要です)
定員:200名(事前申込不要)
※当日正午より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
 定員に達し次第配布終了となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗