1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 龍馬と土佐の衝撃 土佐勤王党結成から百五十年

龍馬と土佐の衝撃 土佐勤王党結成から百五十年

2011/10/26 ~ 2011/12/26


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

毎年11月15日に行われる龍馬祭の時期には、霊山歴史館では坂本龍馬をメインテーマとした特別展を開催しています。

2011年は、土佐勤王党結成150年にあたる記念すべき年です。そこで今回は、土佐勤王党と龍馬の関係資料約100点を公開します。

土佐勤王党は文久元年(1861)8月、武市半平太や大石弥太郎など八名によって江戸で結成されました。西洋列強が迫る国難にあっても、攘夷を実行する者がなかったため、土佐藩の有志や志を同じくする他藩有志と共に、行動を起こすべきだと考えたのです。
また武市は、土佐勤王党によって公武合体派であった土佐の藩論を「一藩勤王」(藩を上げて攘夷を行う)に転換しようとします。

故郷・土佐へ帰国した武市は勤王党の加盟者を募ったが、その際に最初に声をかけたのが、旧友の坂本龍馬でした。龍馬が政治活動にのめりこんでいくのは、土佐勤王党の誕生がきっかけだったのです。土佐で最初に勤王党に筆頭加盟したことは、龍馬のプライドを大きく刺激したことでしょう。

その後、龍馬は武市の依頼で、長州の久坂玄瑞に武市の書簡を届けるなど精力的に活動します。しかし方向性の違いから、文久二年(1862)3月24日に脱藩します。その後、武市率いる土佐勤王党は土佐藩内で台頭し力を得ますが、やがて悲惨な末路を迎えることになります。

今回の展覧会では、土佐勤王党や龍馬の偉業を紹介し、倒幕・討幕に奔走した土佐人の功績を関連資料などでひもときます。



※会期中、展示替がございます。
第一期:10月26日(水)~11月27日(日) 第二期:11月29日(火)~12月26日(月)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗