1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2016年秋の特別展「龍馬~未来への旅立ち」

2016年秋の特別展「龍馬~未来への旅立ち」

2016/09/14 ~ 2016/12/25


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

2016年は薩長同盟の成立から150年の節目にあたります。犬猿の仲だった長州藩と薩摩藩の同盟締結に尽力した坂本龍馬の功績は大きいものでした。この同盟によって薩摩藩は第二次長州征伐への参加を見送り、長州軍は幕府軍を撃退。この敗北により江戸幕府は政策を大きく転換させ、15代将軍に就任した徳川慶喜は軍政改革に着手、フランスの軍事顧問団を迎え入れます。対して薩摩藩や長州藩はイギリスとの関係を強化し、軍備の近代化を図りました。

龍馬は薩摩・長州と江戸幕府が全面戦争に突入すれば、国を二分する戦いとなり、西洋列強がその隙につけ入ってくることを危惧していました。そこで内戦を避けるために、大政奉還の実現を目指します。将軍が政権を自主的に朝廷に返上することで、武力倒幕派の大義名分を奪い戦いを防ごうとしたのです。しかし一方で、龍馬は薩長などの武力討幕派が力をつけている状況を考え、いざ戦争が起きた場合に備え海援隊はライフル銃の買い付けも行っています。

そんな中で、1867年、将軍・慶喜による大政奉還が行われました。目標が成ったことを受け、龍馬は次に幕府に代わる新政府について思いを巡らせます。とりわけ問題となったのは財政問題でした。龍馬は師の勝海舟や土佐藩主・山内容堂とも親交のある越前福井藩主・松平春嶽、そして政治顧問である横井小楠とのつながりもあり、福井藩にパイプを持っていました。そこで越前へ赴き、財政通である三岡八郎(由利公正)と会い、彼を新政府の財政顧問にするべきと推薦しました。龍馬はその後、越前から戻った京都の近江屋で凶刃に倒れ、志半ばで命を落とします。しかし龍馬の望みどおり、由利は明治新政府で徴士参与となり、財政のプロとして大いに活躍しました。

今回の展覧会では、坂本龍馬が未来に何を思い、何を残したのかを、初公開を含む数々の資料を通じて探ります。霊山歴史館所蔵の坂本龍馬関係資料をはじめ、福井市立郷土歴史博物館所蔵の松平春嶽ゆかりの逸品、山内容堂や徳川慶喜など関係する人々の貴重な資料など、約100点を公開します。この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】第82回維新教養講座「龍馬と薩長同盟」(講演会)/「龍馬とお龍」(講談)

11月15日は、坂本龍馬の命日。龍馬の墓がある京都霊山護国神社(霊山歴史館正面)では、毎年この日に「龍馬祭」が行われています。
霊山歴史館では、この日にあわせ木村幸比古副館長による記念講演と講談を開催します。
講談は上方初の欧米人講談師・旭堂南春さんが語ります。
この機会にぜひご参加ください。

日時:2016年11月15日(火)13:30~15:00(予定)
会場:霊山歴史館 講堂
定員:120名(先着順受付/予約不要)
料金:一般500円/友の会会員の方は無料

内容:
【第一部】龍馬祭記念講演「龍馬と薩長同盟」木村幸比古副館長(霊山歴史館)
【第二部】講談「龍馬とお龍」旭堂南春さん(アメリカ人女流講談師)

【関連イベント】第76回維新土曜トーク
 「2人の祐宮 尊号一件から明治天皇即位まで 中山家の奮闘」

2人の祐宮(さちのみや)とは、第119代光格天皇と、第122代明治天皇の御称号(幼名)です。
タイトルにある尊号一件とは、光格天皇が実父である閑院宮典仁親王に先代の天皇を指す太上天皇(上皇)の尊号を贈ろうとして、幕府老中・松平定信に拒否された事件です。このとき、当時の大納言であった中山愛親(なるちか)が勅使となり、幕府との交渉にあたりました。
一方、明治天皇の生母は、愛親のひ孫にあたる中山忠能(ただやす)の娘・中山慶子でした。

2人の祐宮に関わり、歴史の転換点で奮闘した中山家と、関連の事件について、解説していただきます。

日時:2016年12月3日(土)13:30~
講師:高野 澄氏(歴史家)
会場:霊山歴史館 講堂
料金:一般500円/友の会会員の方は無料
定員:120名(要予約)
※予約申込は、イベント名・お名前・友の会会員の方は会員番号、ご連絡先を沿えて、電話・FAX・メールにて霊山歴史館までご連絡ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗