1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 何必館・京都現代美術館
  5. 何必館コレクション「魯山人と遊ぶ」展

何必館コレクション「魯山人と遊ぶ」展

2015/09/19 ~ 2015/12/13


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館

【作品画像】
(1)北大路魯山人「備前旅枕花入」1958年 何必館・京都現代美術館蔵
(2)北大路魯山人「備前旅枕花入」1952年 何必館・京都現代美術館蔵
(3)北大路魯山人「備前土花入」1957年 何必館・京都現代美術館蔵


北大路魯山人の作品は、日常生活の中において「使う」ということで一層の輝きを放ち、人の心の中に食い入ってくる不思議な力があります。

道具でありながら、道具を超える美しさを感じさせ、使う側のこだわりを取り除いてくれます。本来、「美」というものはただ概念としてではなく、生活の中で具体化されてこそ意味があります。道具を使う、つまり「用」とは「美」を具体化させていく創造の場なのではないでしょうか。

魯山人の創り出した作品は、国内はもとよりニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ海外でも高く評価され、没後半世紀を経た今なお、ますますその評価は高まっています。

今回の展覧会では、何必館・京都現代美術館のコレクションから厳選した作品約120点を、初公開の作品も含めて「陶」「書」「茶」「花」「食」の5つのテーマにわけ、全館を使って展観します。
今回は特に、古材や更紗、根来など、取り合わせにも工夫を凝らし、魯山人作品の新たな美を引き出します。

生涯をかけて「日本の美と食」を追及した北大路魯山人の、これまでにない画期的な展覧会です。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗