1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. ローマ追想――19世紀写真と旅

ローマ追想――19世紀写真と旅

2010/05/20 ~ 2010/06/27


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


イタリアの首都・ローマは、都市国家から巨大帝国へと発展した古代ローマ時代から、キリスト教美術の中心地であった教皇領時代を通じて、西欧文明圏の中心的存在、「永遠の都」として語り継がれてきました。

悠久の歴史を誇り、絵画や文学、そして映画など数多くの芸術作品のなかで描かれてきたローマは、18世紀以降イギリスの貴族階級による遊学旅行「グランド・ツアー」の主要な訪問先として知られ、19世紀には国家統一の動乱を経験しながらも、交通機関の近代化に伴うツーリズムの隆盛もあり、大量の一般旅行者を受け入れるようになります。

19世紀、ヨーロッパの人々にとって遠方への観光旅行を容易にしたのが、鉄道の建設ラッシュでした。イギリスでは、近代ツーリズムの祖、トーマス・クックが鉄道による観光旅行を企画して大成功を収めています。




同様に、「未知なる異境の地を視ること」への欲望によって実現したもう一つの発明が写真術(カメラ)でした。
ちょうどイタリアに鉄道が開通した頃、1839年パリでダゲレオタイプの写真術が発表されると、写真は瞬く間にヨーロッパ各国へと普及し、当時主流だった版画に代わって旅を記録する上で重要な役割を担うようになります。
当時のローマでは古代遺跡の発掘調査・保存活動が飛躍的に進み、写真家たちは古代の都の残影を求めてこぞってこの地を訪れました。紀行文学や絵画から得たイメージを重ね合わせ幻想の街として撮影されたこれらの写真は、旅行案内として一般に普及し、近代以降の「ローマ」のイメージの原型となっています。

この展覧会では、イタリア・モデナの写真美術館に寄託された19世紀写真のコレクションから厳選した、コロッセオ、凱旋門、教会建築などローマの名所旧跡を撮影した約130点の貴重なオリジナル・プリントを、日本人画家の渡欧手記など京都国立近代美術館の所蔵資料等とあわせて展示します。

19世紀、人々がローマという街に抱いた憧れを、写真を通して追体験してみて下さい。


CHECK POINT

記念講演会

展覧会に併せて、記念講演会が開催されます。
今回はイタリアから講師の方が来日。写真コレクションとそこにひめられた物語を語ります。

■「写真を集める、歴史のかけらを集める」


日時:2010年5月21日(金) 18:00~19:30 (当日17:00から整理券配布)
会場:京都国立近代美術館 1F 講堂
聴講無料、先着100名
講師: フィリッポ・マッジャ (コレクション寄託者、モデナ写真美術館キュレーター)
※逐次通訳付

■「19世紀写真におけるローマ」


日時:2010年6月27日(日) 14:00~15:30 (当日13:00から整理券配布)
会場:京都国立近代美術館 1F 講堂
聴講無料、先着100名
講師: マリア・フランチェスカ・ボネッティ (ローマグラフィック研究所研究員)
※逐次通訳付

プラチナプリント写真講座
京都造形芸術大学 一般公開講座 芸術と文化のワークショップ

1873年にイギリスで発明されたプラチナプリント。独特のウォームトーンは格調高く、魅惑的な写真に仕上がる他、その保存性の良さから100年以上も画像が劣化しない特徴もあります。
この講座ではプラチナプリント作品の特別鑑賞と共に、大型カメラによる撮影、プラチナプリント実習までが体験できます。
写真技術やプリント経験のない方でも楽しめる内容ですので、初心者の方もお気軽にご参加下さい。

日時:2010年5月30日(日)、6月6日(日) 全2回
会場: 京都国立近代美術館・京都造形芸術大学
受講料10,000円、先着20名
主催: 京都造形芸術大学、京都国立近代美術館
お問い合わせ・お申込先: 京都造形芸術大学 瓜生山エクステンションセンター
TEL (075)791-9124 http://www.kyoto-art.ac.jp/general/

NFC 所蔵作品選集 MoMAK Films @ home:イタリア映画上映

東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)が所蔵する約6万本におよぶ国内外の名作映画のコレクション。
この貴重な映画の一部を京都で鑑賞できるイベントです。
今回は展覧会に併せて、イタリアの映画が上映されます。

日時:2010年6月19日(土)、20日(日) 14:00~
上映作品:『ベリッシマ』(監督:ルキーノ・ヴィスコンティ・1951)ほか全4作品
(全作品35mm・日本語字幕付)
会場: 京都国立近代美術館 1F 講堂
料金: 1プログラム500円
主催: 京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
※詳細につきましては、公式ホームページなどをご確認下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗