1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 立命館大学国際平和ミュージアム
  5. ロベルト・ユンクの生涯 ヒロシマを世界に伝える-核の被害なき未来を求めて-

ロベルト・ユンクの生涯 ヒロシマを世界に伝える-核の被害なき未来を求めて-

2014/05/13 ~ 2014/06/01


【立命館大学国際平和ミュージアム】

立命館大学国際平和ミュージアム

1945年以降の「核の時代」。その原点である「ヒロシマ」については、どのように世界の人々に伝えられたのでしょうか。

ヨーロッパにヒロシマと被爆者の状況を伝えたのは、ドイツ出身のユダヤ系ジャーナリスト、ロベルト・ユンクでした。1957年に初来日した彼は、ヒロシマで取材した被爆者の体験を踏まえ、ドイツやオーストリアで反核兵器・反核エネルギーの運動に尽力します。そして、1970~80年代に日本でも同志の人々を応援しました

 この展覧会では、2013年に生誕100周年を記念して広島平和記念資料館で開催された企画展示を中心に、反原発のシンボルとなった旗「微笑みの太陽」を含む約25点の資料を通して、ユンクの生涯とヒロシマ、京都との関わりをご紹介します。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗