1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 琳派誕生400年記念 特別展覧会「琳派 京を彩る」

琳派誕生400年記念 特別展覧会「琳派 京を彩る」

2015/10/10 ~ 2015/11/23


【京都国立博物館】

京都国立博物館

【作品画像】
(1)国宝「風神雷神図屏風」俵屋宗達筆 京都・建仁寺(全期間展示)
(2)重要文化財「夏秋草図屏風」酒井抱一筆 東京国立博物館(10月10日~25日/11月10日~23日)
(3)重要文化財「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」本阿弥光悦書・俵屋宗達画 京都国立博物館(全期間展示)
(4)国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」尾形光琳作 東京国立博物館(11月3日~23日)
(5)重要文化財「松波文蓋物」尾形乾山作 東京・出光美術館(全期間展示)


桃山から江戸へと時代が移り変わり、江戸幕府の治世が落ち着きを見せ始めた元和元年(1615)。書家として、また陶芸や漆芸のディレクターとして活躍し名を知られていた本阿弥光悦は、徳川家康から京都の北・鷹峯の地を拝領します。そして光悦は、ここに工芸を家業とする親類縁者を集め、芸術家の村「光悦村」を開きました。これが、日本を代表する芸術様式「琳派」のはじまりとされています。

それから時を経ること400年。京都国立博物館ではこの節目を記念し、琳派誕生の地である京都では初となる、大規模な琳派芸術の展覧会を開催します。

狩野派などとは異なり直接の師弟関係を持たない琳派の芸術家たちは、おのおのの制作活動と経験のなかで先達の作品に出会い、憧れ、写すことを介してその意匠を自らの芸術へ取り込み、継承してきました。日常を彩るものとしての美意識をもち、装飾的・デザイン的な特質を共有している琳派ですが、その実像は、作家・作品それぞれに強い個性を持っています。

今回の展覧会では、琳派の祖・光悦と俵屋宗達にはじまり、尾形光琳・乾山兄弟、そして江戸琳派の酒井抱一・鈴木其一まで、琳派の名作を一堂に集め、工芸から絵画に広がる琳派の豊穣な世界に迫ります。京都で培われ現代にも脈々と行き続ける日本の美をご堪能ください。

※この展覧会は平成知新館が会場となります(京都古都館は休館中です)
※会期中、一部展示替される作品がございます。
主な展示替:【前期】10月10日(土)~11月1日(日)/【後期】11月3日(火・祝)~11月23日(月・祝)
 

展覧会の見どころ

 

宗達・光琳・抱一の「風神雷神図屏風」、そろい踏み!

直接の師弟関係を持たず、先達の作品を後世の作家が尊敬し、手本とすることで継承されてきた琳派。その姿勢を端的に示す行為が、“写し(模写)”です。琳派の代名詞的作品である「風神雷神図屏風」は、俵屋宗達にはじまり、約100年後に尾形光琳、そしてその約100年後に酒井抱一が、それぞれ先の作品を踏まえ、自らの筆で写し描いています。3組の「風神雷神図屏風」は一見同じように見えますが、3者それぞれの個性を秘めています。
今回の展覧会では、3組の「風神雷神図屏風」を出品。10月27日~11月8日の期間に3組の同時展示が行われます。
また、上記の期間以外は、光琳筆の「風神雷神図屏風」の裏面のために抱一が描いた「夏秋草図屏風」が登場します。
 

光悦・宗達の競演「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」全期間・全場面展示!

琳派の祖といわれる、本阿弥光悦と俵屋宗達。この2人による至高のコラボレーション作品が重文「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」です。海上を飛翔し、地上で羽を休める鶴たちの姿を宗達が金銀泥を駆使して描き、その上に光悦が三十六歌仙の和歌を優雅な筆致で書いています。緩急自在に展開する宗達の下絵と光悦の書の競演は、観る者に息をもつかせぬ圧倒的な存在感を放ちます。
展覧会では、全長13mを超えるこの作品を全場面・全期間展示。全ての場面が公開されるのは初の機会となります。
 

光悦のルーツ・本阿弥家を知る
重要文化財「薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)」が登場!

光悦の実家・本阿弥家は、代々刀剣の手入れや鑑定を家業としてきました。光悦も例外ではなく、刀を通じてさまざまな武将たちや装剣に関わる職人たちと交流を持つ機会を得たことは、彼の審美眼を大いに磨いたことでしょう。展覧会では、そんな本阿弥家に関する資料として、「薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)」が登場します。この刀は本阿弥家が編纂したとされる刀の出自・伝来を記した書『享保名物帳』に記載されているもので、これに載った刀だけが「名物」の称号をを得ることができました。切るふりをしただけで相手の骨を砕くという逸話を持つこの刀は、足利将軍家、豊臣家を経て、徳川将軍家の手元へと渡りました。
光悦のルーツを伺わせる名刀を、この機会にご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「くらしを彩る琳派の美」

日時:2015年10月10日(土)13:30~15:00
講師:河野元昭氏(京都美術工芸大学学長)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(地下1階)
定員:200名(事前申込不要)
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日12:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布修了)

【関連イベント】京都ミュージアムズ・連携フォーラム
「琳派を飾る-展覧会から見えるもの-」

日時:2015年10月17日(土)13:30~16:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(地下1階)
定員:200名(事前申込不要)
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日12:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布修了)

【関連イベント】土曜講座

会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(地下1階)
定員:200名(事前申込不要)
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日12:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布修了)

光悦の作陶―自在な発想と造形


日時:2015年10月24日(土)13:30~15:00
講師:降矢哲男氏(京都国立博物館研究員)

『琳派』の継承と広がり


日時:2015年10月31日(土)13:30~15:00
講師:福士雄也氏(京都国立博物館研究員)

風神雷神図屏風の転生


日時:2015年11月7日(土)13:30~15:00
講師:中部義隆氏(大和文華館学芸部長)

宗達の目の記憶


日時:2015年11月14日(土)13:30~15:00
講師:奥平俊六氏(大阪大学大学院文学研究科教授)

【関連企画】美術館「えき」KYOTOの観覧料金相互割引

美術館「えき」KYOTOにて開催される「神坂雪佳と山本太郎の仕事」展との観覧量相互割引を実施します。相互にチケット半券を窓口に持参・提示していただくと、当日観覧料金が下記の通り割引となります。

・本展「琳派-京を彩る」(京都国立博物館)のチケット半券で
 →「神坂雪佳と山本太郎の仕事」展(美術館「えき」KYOTO)の当日入館料:200円割引

・「神坂雪佳と山本太郎の仕事」展(美術館「えき」KYOTO)のチケット半券で
 →「琳派-京を彩る」(京都国立博物館)の当日入館料:100円割引

※割引は半券1枚につき1名様、特別展開催中のみ有効

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗