1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 琳派19 鈴木其一 江戸琳派の旗手

琳派19 鈴木其一 江戸琳派の旗手

2017/01/03 ~ 2017/02/19


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】
(1)「夏宵月に水鶏図」個人蔵【通期】
(2)「三十六歌仙・檜図屏風」(右隻)個人蔵【通期】
(3)「三十六歌仙・檜図屏風」(左隻)個人蔵【通期】
(4)「水辺家鴨図屏風」細見美術館【通期】


江戸後期に活躍した絵師・鈴木其一(すずき・きいつ/1796-1858)。彼は江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を数多く生み出しました。その其一画の全容を捉える、初の大回顧展です。

江戸初期、京都で本阿弥光悦・俵屋宗達が創始した琳派は、尾形光琳により江戸時代の絵画のなかでも最も華麗な装飾様式として確立されました。そして光琳の約100年後に、江戸の地で琳派の再興を図ったのが、酒井抱一でした。
抱一は俵屋宗達・尾形光琳による京都の琳派様式を、江戸の地でさらに写実的で洗練された画風に磨き上げ、後にその新様式は「江戸琳派」と呼ばれています。

その江戸琳派の祖・酒井抱一の一番弟子が、鈴木其一です。彼は一門のなかでも圧倒的な存在感を示しており、抱一の没後その作風は次第に師匠のそれを超え、幕末期にかけて大きく変容を遂げました。30代後半から40代半ばにかけてはダイナミックな構成や明快な色彩を特徴とする新たな様式を築きました。さらに晩年にはより挑戦的で自由な作風を追求し、近代を先取りするような清新な作品も少なくありません。また、其一は表装部分までを絵として描き表す「描表装」など遊び心や趣向に富んだ作品を多く手がけ、クリエーターとしても広く活躍しました。

今回の展覧会では、其一が抱一の画風を習得していった門弟時代から、躍動感あふれる作風を次々と手がけた30代半ば以降、そして晩年まで、其一の画風の変遷を、総数約140件の作品を通して丁寧に追っていきます。江戸画壇を豊かに彩った其一画の魅力とその展開、さらに近代に至る江戸琳派の道程を、存分にご堪能下さい。

※この展覧会には前期・中期・後期日程がございます。
【前期】1月3日~22日/【中期】1月24日~2月5日/【後期)2月7日~19日


CHECK POINT

【関連イベント】第38回アートキューブレクチャー「江戸琳派 画狂其一の挑戦」

日時:2017年2月5日(日)14:00~
講師:岡野智子(細見美術館上席研究員)
会場:京都市勧業館みやこめっせ 地下1階 大会議室
※会場は細見美術館ではございませんので、ご注意ください。
定員:100名(事前申込制)
料金:一般700円、友の会会員500円(美術館入館料は含みません)

申し込み方法


往復はがきにてお申し込みください(参加希望者1名につき1枚)
往信面に「氏名(ふりがな)」「電話番号」「(友の会会員の方は)会員番号」を、
返信面に「郵便番号」「住所」「氏名」を明記の上、

〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
細見美術館 アートキューブレクチャー 係

までお送りください。

申込受付期間:1月14日(土)~27日(金)
※先着順受付・申込期間の消印有効
※定員内にて申込受理の場合は聴講券を送付いたします。
※定員に達し次第受付終了となります。定員満了にて参加いただけない場合はその旨を返信はがきにてご案内いたします。
※1週間を過ぎてもいずれの案内も届かない場合は、美術館までお問い合わせください。

【関連イベント】茶室 古香庵 鑑賞茶会「其一好みの「白椿と楽茶碗」に寄せて」

日時:2017年2月11日(土・祝)【第一席】13:00~/【第二席】15:00~(約60分)
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)
解説:岡野智子(細見美術館上席研究員)
定員:各席20名(10名より催行/事前申込制/先着順受付)
料金:一般 6,000円
   友の会会員 フレンドシップメンバー:5,400円/サポートメンバー:4,500円/フェローシップメンバー:無料

申込方法


美術館の受付窓口、またはお電話・FAXにて、
「イベント名」「参加希望日時」「参加人数」「氏名(ふりがな)」「住所」「電話番号」「(友の会会員の方は)会員番号」を添えてお申込みください。

申込受付期間:1月5日(木)~
※定員に達し次第受付終了となります。
※申込みいただいた方には、追ってご案内(はがき・FAX)をお送りします。
※1週間を過ぎてもいずれの案内も届かない場合は、美術館までお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗