1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 琳派展18「京の琳派-美を愉しむ-」

琳派展18「京の琳派-美を愉しむ-」

2016/09/10 ~ 2016/11/06


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】
(1)尾形光琳「柳図香包」
(2)本阿弥光悦 書/俵屋宗達 下絵「月梅図下絵和歌書扇面」
(3)神坂雪佳「月に秋草図団扇」


細見美術館恒例の琳派展。今回は、尾形光琳の没後300年・神坂雪佳の生誕150年を記念し、細見コレクションによる京琳派の世界をご紹介します。

琳派は、江戸初期の京都で本阿弥光悦と俵屋宗達により始まりました。二人が行ったのは、平安の美意識を新たな視点で創作する試み。料紙装飾や物語絵などにみる古典美に新風をもたらしました。

江戸中期に活躍した尾形光琳・乾山の兄弟は、衣食住に彩を添える意匠を次々に提案。雅やかな京のデザインを普及されるきっかけをつくり、江戸にも活動の幅を広げました。

そして江戸後期の中村芳中は、宗達や光琳の自由な気風に触発され、「たらし込み」を看板に光琳風の画家として活躍、親しみやすい琳派を作り出しました。
近代には、神坂雪佳が工芸図案家として活躍します。彼は光悦が作ったさまざまな分野の芸術家や職人が集う芸術村“光悦村”に理想を重ね、古典を盛り込んだ温かみのあるデザインを提唱しました。

京の琳派は生活空間を豊かに彩る身近な美として親しまれてきました。そのため、絵画や工芸といった領域を超えてさまざまなジャンルに応用され、現代まで愛され続けています。
展覧会では、京都で受け継がれた琳派の流れを細見コレクションを通じて紹介し、京の琳派の特徴と「美を愉しむ」姿を読み取ります。ぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【相互企画】細見・泉屋・野村 岡崎エリア3館相互割引

細見美術館・泉屋博古館・野村美術館の岡崎エリアの3つの美術館で、相互割引企画を実施します。
各美術館で秋季に開催される展覧会をご観覧の際、各美術館(同じ施設は除く)の入館券の半券または入館シールを提示いただくと、入館料を割引いたします。
この機会にぜひ、秋の京都岡崎での美術鑑賞をお楽しみください。

※入館シール(細見美術館)・半券(野村美術館・泉屋博古館)はそれぞれの会期中何度でもお使いいただけます。大切に保管ください。
※割引時はお一人様につき1枚、半券または入館シールが必要です。
※対象の展覧会会期・割引料金は各館それぞれ異なります。あらかじめご確認の上お越しください。

対象の展覧会・割引料金


細見美術館
・「琳派展18 京の琳派」9月10日(土)~11月6日(日)
《入館料》一般:1,200円→1,100円/学生(中学生以上)1,000円→900円

・「驚きの明治工藝」11月12日(土)~12月25日(日)
《入館料》一般:1,300円→1,200円/学生(高校生以上)800円→700円

泉屋博古館
・「はなやか秋のしつらえ」9月3日(土)~10月23日(日)
・「特別展 高麗仏画」11月3日(木・祝)~12月4日(日)
《入館料》2割引

野村美術館
・「いとをかし 和もの茶わんの世界」9月3日(土)~12月4日(日)
《入館料》一般:700円→500円

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2016年9月30日(金)11:00~/10月15日(日)15:00~
講師:福井麻純(細見美術館主任学芸員)
※参加無料・予約不要(ただし、展覧会の入場券が別途必要です)

【会期中イベント】古香庵茶事「正午の茶事-名残の趣向」

京都 辻留の懐石と細見コレクションの美術品を用いた道具組による正午の茶事を開催いたします。

日時:2016年10月22日(土)11:00~16:00
会場:細見美術館 茶室 古香庵
料金:45,000円(友の会メンバーの方は割引となります。詳細は美術館HPをご確認ください)
※事前申込制です。
※お電話またはFAXにて、参加希望イベント名・日時・お名前・住所・連絡先・参加希望人数を添えてお申込みください。
※お申込みの方にはFAXまたはハガキ、メールにてご案内をお送りします(一週間を過ぎても確認の案内が届かない場合は、美術館までお問合せください)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗