1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 琳派四百年記念祭 琳派展17 「MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山」

琳派四百年記念祭 琳派展17 「MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山」

2015/09/19 ~ 2015/11/23


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】
(1)色絵竜田川向付 十客のうち MIHO MUSEUM所蔵(撮影:越田撮全)
(2)銹絵百合形向付 MIHOMUSEUM所蔵(撮影:越田撮全)
(3)色絵桔梗文盃台 MIHOMUSEUM所蔵(撮影:越田撮全)


400年に及ぶ琳派の流れのなかでも、一際ユニークな存在であるのが、尾形乾山です。

乾山は琳派の代表的作家・尾形光琳の実弟であり、江戸時代を代表する陶芸家でした。
彼は京焼の伝統を重んじながらも、型に囚われず多彩な技法や表現を取り入れ広く作陶活動を展開しました。なかでも、兄・光琳の影響を受け琳派のデザイン性を取り入れた大胆な意匠や造形は、独創的な乾山様式として人気を博し、京都の町衆たちに琳派様式を大きく普及させました。

今回の展覧会では、MIHO MUSEUM(滋賀県)が所蔵する乾山コレクションのなかから、優品約70点を展示。
重なる楓の葉と流れる水を大胆に造形した「色絵竜田川図向付」や、刀の鍔のように盃台の周りに透かし彫りの花をあしらった「色絵桔梗文盃台」、光琳が白牡丹を描き乾山が漢詩で讃を添えた兄弟の合作「錆絵牡丹図各皿」、のほか、中国陶磁の影響を受けた“唐物写”と呼ばれる一群や独特の雅趣に満ちた茶碗など、乾山の代表的な作品が一堂に並びます。

自由で文人的ともいえる作風で、陶芸の世界における琳派の豊かな芸術性を示した乾山は、18世紀に大きな飛躍を遂げた、京都の町衆文化の象徴とも位置づけられます。
琳派400年の記念すべき年、この機会にぜひご注目ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2015年9月19日(土)14:00~
講師:畑中章良氏(MIHO MUSEUM学芸員)
会場:細見美術館展示室
※申込不要・参加無料(ただし、別途入館料が必要です)

【関連イベント】第35回アートキューブレクチャー「MIHO MUSEUMの乾山コレクションについて」

日時:2015年10月31日(土)14:00~
講師:畑中章良氏(MIHO MUSEUM学芸員)
会場:京都市勧業館(みやこめっせ)地下1階 工芸実技室
※会場は細見美術館ではございませんのでご注意ください
料金:一般600円(友の会会員の方は無料)
定員:50名(要申込)

《申込方法》
件名に「レクチャー申込み」と明記の上、氏名・電話番号・友の会会員の方は会員番号を添えて、お電話・FAX・メール(event@emuseum.or.jp)にてお申込ください。

【会期中イベント】RIMPAサロン5 「細見琳派の魅力-鈴木其一-」

一年を通して「琳派」の魅力を語る、琳派400年記念祭関連講座。
細見美術館のコレクションを通し、多彩な琳派の画家たちや作品の魅力を、美術館の学芸員がやさしく解説します。
第5回は鈴木其一がテーマです。

日時:2015年10月9日(金)10:30~
講師:岡野智子氏(細見美術館上席研究員)
会場:細見美術館地下2階 カフェ・キューブ
料金:一般 3,000円
   友の会会員の方 フレンドシップ 1,800円/サポート 1,500円/フェロー 無料
定員:18名(要申込)
《申込方法》
ご希望のイベント名を明記の上、氏名・電話番号・参加人数を添えて、お電話・FAX・メール(artsalon@emuseum.or.jp)にてお申込ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗