1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 知られざる中国〈連環画 (れんかんが)〉 ~これも「マンガ」?~

知られざる中国〈連環画 (れんかんが)〉 ~これも「マンガ」?~

2015/04/25 ~ 2015/07/05


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

【作品画像】(1)孫悟空三打白骨精 © 趙宏本/錢笑呆 (2)西遊漫記 © 張光宇

連環画とは、基本的に1ページが「1枚の絵+欄外の文字」からなる、ポケットサイズの中国の出版物です。20世紀初頭から中国に登場し、安価で読むことができたため、身近な娯楽として子どもから大人まで、多くの人達に親しまれていました。

その内容は、日本でもおなじみの「西遊記」「水滸伝」「三国志演義」といった古典文学から、政治宣伝的なもの、そして海外小説や映画を連環画化してものまで、さまざまです。また、中国の大衆向けメディアの中でも大きな位置を占めてきた連環画からは、その時々の中国の社会情勢や人々の生活なども垣間見ることができます。

この展覧会では、監修者である中国文化研究者・武田雅哉氏(北海道大学大学院文学研究科教授)のコレクションから借用した300点以上の連環画をテーマ別に展示。
連環画の基本的な知識から、さまざまなバリエーションの作品の紹介、そして日本のマンガのスタイルに影響を受けて1990年代以降に台頭してきたジャンル「新漫画」についてまで、連環画をめぐる環境の変化と現在の中国のマンガ事情を考察します。
また、翻訳付の拡大パネルで実際に連環画を読むことができるコーナーが設置されるほか、伝統的な連環画の表現形式とは異なる作品も取り上げられます。

日本ではまだあまり知られていない連環画の魅力を多角的に紹介し、同じ大衆的な視覚メディアであるマンガとの接点をさぐる展覧会です。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

今回の展覧会企画に関わった焦凡[しょう・ぼん/Jiao Fan]氏(京都精華大学大学院マンガ研究科博士後期課程)によるギャラリートークです。

日時:2015年5月30日(土)11:00~(約40分予定)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
定員:40名(先着順/事前申込不要)
料金:無料(ただし、ミュージアムへの入場料は別途必要です)

【関連イベント】 学術シンポジウム
〈連環画〉、そのさまざまな顔 ~他ジャンルとの接点をさぐる~

展覧会を監修した武田雅哉氏による講演のほか、連環画とマンガ・児童文化・文学・演劇など、他ジャンルとの連続性を様々な見地から検討するシンポジウムです。

日時:2015年5月30日(土)13:00~17:30
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1
定員:50名(先着順/事前申込不要)
料金:無料(ただし、ミュージアムへの入場料は別途必要です)
※詳細・プログラム内容は展覧会公式ページにてご確認ください


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗