1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. re:framing ― 表情の空間(京都芸術センター 春まつり 展覧会プログラム)

re:framing ― 表情の空間(京都芸術センター 春まつり 展覧会プログラム)

2013/04/13 ~ 2013/05/26


【京都芸術センター】

京都芸術センター

この展覧会では、「再構築=re:framing」をテーマに、絵画における既存の枠組みを超えた表現を試みる3人の作家を取り上げます。

一人目は、伝統的な美術作品のモチーフを画面に転写していくことを作品制作の作業として課し、光沢のあるサテン布と染料などを用いた独特な質感で再構築された世界を表現していく横内賢太郎。
近年はそのスタイルに木炭や油彩、その下地塗り材などの西洋絵画由来の素材も取り入れ、近代的歴史背景のイメージを新たなフレームの中に生成していく制作テーマにリンクさせています。

二人目は、ある風景を鉛筆で細密に描き、同じ場所で撮影した映像を重ねるスタイルで作品 を制作するヤマガミユキヒロ。
静止画像では決して表現できない、時の経過や光のうつろいまで表現された彼の作品により、鑑賞者は日常的な都市の風景に潜んだ美しい表情に気づかされます。

そして三人目の作家、仙石彬人は、「モノ」ではなく「コト」を重要視し、光や反射、影などの 視覚的なイメージを素材に、インスタレーション作品の制作を進めてきました。 2004年からは「時間に絵を描く」ことをテーマに、OHP ( オーバーヘッドプロジェクター) を用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス「TIME PAINTING」活動を行っています。

このように、この3人の作家は、従来の「絵画」では表現し切れなかったものを画面に落とし込み、「絵画」を独自の概念で再構築していくという点で共通しています。

また、京都芸術センターの建物は、昭和6年に改築された元・明倫小学校(平成20 年に登録有形文化財として登録)を活用したものです。これまで多様なジャンルの芸術活動のほか、地域の方々の四季折々の催しにも用いられるなど、地元におけるシンボルとしても親しまれてきました。

今回の展覧会会期中には、京都芸術センターの建物の様々な意匠にも注目し、館内各所でその壁面に出展作家による映像を投影するライブ・パ フォーマンスなどを開催します。常に新しい文化芸術を発信していくことを目指し、日々さまざまな姿を見せる当センターに生まれる、新たな表情をお楽しみください。
CHECK POINT

仙石彬人パフォーマンス「TIME PAINTING TOUR」
《re:framing “2013.04.13-05.26”》 at KYOTO ART CENTER

今回の展覧会のために企画された、仙石彬人によるライブ・パフォーマンス。
毎回異なるゲストを迎え、音楽やダンスなどとのコラボレーションによるパフォーマンスを繰り広げます。

Performance “re:framing” vol.1
もぐらが一周するまで×仙石彬人+アーティスト・トーク「それぞれのre:framing」


ギタリストの佐藤 亘のソロユニット「もぐらが一周するまで」をゲストに迎えたパフォーマンス+本展出展作家:仙石彬人の3人によるアーティスト・トーク。
日時:2013年4月13日(土)開場 16:30 開演 17:00
会場:京都芸術センター フリースペース
料金:無料 ※事前申込不要

Performance “re:framing” vol.2
双子の未亡人×仙石彬人


ダンス・パフォーマンス・ユニットの双子の未亡人をゲストに迎えたパフォーマンス。
日時:2013年4月20日(土)開場 18:30 開演 19:00
会場:京都芸術センター 講堂
料金:前売 1,000円 / 当日1,500円

Performance “re:framing” vol.3
藤田陽介×仙石彬人


78畳の和室を彩る、音と光。自作楽器「11’s Moon Organ」を操る音楽家、藤田陽介をゲストに迎えたライブ形式のパフォーマンス。
日時:2013年4月27日(土)開場 18:30 開演 19:00
会場:京都芸術センター 大広間
料金:前売 1,000円 / 当日1,500円

Performance “re:framing” vol.4
藤田陽介×イガキアキコ×仙石彬人


音楽家の藤田陽介、イガキアキコ(たゆたう)をゲストに迎えた、音と光による場所探しのようなパフォーマンス。
日時:2013年4月28日(日)
会場:京都芸術センター 館内各所(詳細は京都芸術センターの公式サイトにてご確認ください)
料金:無料 ※事前申込不要

Performance “re:framing” vol.5
白黒ミドリ×仙石彬人/ Misuzu, Caitlin Coker & Andy Couzens×仙石彬人


「re:framing」をテーマとした、2組の音楽家、ダンサーをゲストに迎えたスペシャル・ライブ・イベント。
日時:2013年5月12日(日) 開場18:30 開演19:00
会場:京都芸術センター フリースペース
料金:前売 1,500円 / 当日 2,000円

※有料イベントに関しては事前申込みが必要です。詳細、及びお申込みは京都芸術センター公式サイトをご確認ください。

【関連イベント】アーティストトーク/パフォーマンス/トークイベント

アーティストトーク「それぞれのre:framing」


本展出展作家の3人によるアーティスト・トーク。
日時:2013年4月13日(土)17:45~18:45
※上記の「Performance “re:framing” vol.1」と連続での開催となります。
 前イベントの進行状況により開始時間は前後する可能性があります。予めご了承ください。
会場:京都芸術センター フリースペースほか
料金:無料

パフォーマンス「Peformance “Blue”」


本展出展作家のヤマガミユキヒロ、仙石彬人によるビジュアル・コラボレーション。
日時:2013年5月4日(土・祝)20:00~
会場:京都芸術センター ギャラリー南
※当日はパフォーマンス準備のため、ギャラリー南での展示は18:00までとなります。
ゲスト:Polar M
定員:30名
※事前申し込みが必要なイベントです。

トークイベント「表情の空間」


オーバーヘッドプロジェクターを使用したパフォーマンスを巡る、本展出展作家の仙石彬人と日本におけるLightshowのパイオニア"OVERHEADS"で活躍する助川貞義によるアーティスト・トーク。
日時:2013年5月26日(日)18:00~20:00
会場:京都芸術センター 談話室
定員:30名
※事前申し込みが必要なイベントです。

■申込方法
定員のあるイベントは事前申込みが必要です。
京都芸術センター公式サイト内の申込フォーム、または電話・FAXにて事前にお申込みください。

【京都芸術センター 春まつり】展覧会以外の主なイベント

明倫のお花見


元・明倫小学校(京都芸術センター)のグラウンドにある、一本のサクラの木をめぐる、一年に一度のお祭り。
今年度は、京都芸術センターと地元・明倫学区が協働して〈お花見〉気分を盛り上げます。
グラウンドの両側に立つ南館と北館、それぞれの建物も、この日だけの表情を見せます。

日時:2013年4月14日(日)17:00~20:00
※参加無料・事前申込不要・入退場自由

■パフォーマンス出演者
田茂井廣道(能楽師・観世流シテ方)、曽和尚靖(能楽師・幸流小鼓方)、仙石彬人(TIME PAINTING)、劇団「悪い芝居」ほか

MeirinPic(メリンピック)


地元・明倫学区と京都芸術センター制作室使用アーティストによる、ちょっと変わった運動会。
ピクニックに行くように、初夏のグラウンドでパフォーマンスをお楽しみください。
※京都芸術センターには、明倫小学校時代の教室を活用した12 室の制作室があります。審査の上選ばれたさまざまなジャンルのアーティストたちが、この制作室をアトリエとして日々制作活動をおこなっています。
日時:2013年5月18日(土)
※参加無料・事前申込不要・入退場自由

★その他にも、期間中には土・日・祝日を中心にさまざまな催しが開催されます。
 詳細は京都芸術センターの公式サイトにてご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗