1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 大山崎山荘を作った加賀正太郎の情熱「蘭にみた、夢 蘭花譜の誕生」

大山崎山荘を作った加賀正太郎の情熱「蘭にみた、夢 蘭花譜の誕生」

2012/03/03 ~ 2012/05/27


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館



今回の『蘭花譜』とは、大山崎山荘を建設した加賀正太郎が、自ら育てた蘭をモチーフに、1946年に監修・制作した植物図譜です。

加賀は、イギリスの王立植物園であるキューガーデンで始めて蘭を見て感銘を受け、大山崎山荘に温室を作りました。そして当時日本における蘭栽培の第一人者であった園芸家の後藤兼吉を招き、蘭の育成を始めます。大山崎山荘では、大正~昭和の約30年間で1,140種・1万鉢近くの蘭が育ちました。





蘭は独特の色や形、生態をもち、当時の日本ではまだ珍しい存在でした。
加賀が情熱を注いでつくった『蘭花譜』では、そんな蘭が木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で紹介されています。
なかでも木版画については、西欧で多く出されていた石版画の植物図譜と違い、浮世絵の技術が採用されています。これだけ多くの木版画による蘭の図譜は日本でも珍しく、美しい色彩や表現技法は美術的、学術的にも優れた資料として評価を受けています。

今日では蘭の栽培はたくさんの人々に楽しまれていますが、これは蘭の栽培と『蘭花譜』の制作に情熱をかけた加賀が、蘭に見た夢を形にして、世の中に残したことが契機となったといえます。

今回の展覧会では、『蘭花譜』生誕の地でもあるアサヒビール大山崎山荘美術館にて、過去最大規模の『蘭花譜』を展示します。図版そのもののほか、手書きの校正や版木なども合わせてご覧頂くことで、蘭栽培と『蘭花譜』にかけた、加賀の情熱と、それに関わった人々の交流を紹介いたします。

CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

展覧会期間中、展示品を前に学芸員によるみどころ解説を行います。
※事前申し込みは不要です。

日時:展覧会期間中の第2、第4土曜日(5/12を除く) 14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)

【関連イベント】大山崎山荘+聴竹居-大山崎のモダンライフ探訪ツアー-

同じ時代を生きた大山崎の二大セレブリティー、実業家・加賀正太郎と建築家・藤井厚二。
二人のモダンライフをめぐる、学芸員と聴竹居倶楽部メンバーによるギャラリーツアーです。
大山崎山荘では、通常非公開の建物にもご案内します。
※事前予約制です。

日時:3/4(日)、7(水)、11(日)、14(水)、21(水)、4/11(水)、15(日)、18(水)、22(日)、25(水)、5/9(水)、16(水)
各日 14:00~17:00
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館~聴竹居
参加費:無料(美術館の入館料、及び聴竹居の見学料(1,000円)は別途必要です)
定員:各日20名(先着順/要予約)
※ 小学生以下のお子様の参加は、保護者の同伴が必要です。
※ 大山崎山荘から聴竹居までの移動時間は徒歩約15分です。途中、長い坂があります。また、見学する建物の中には急な階段を上るものもあります。
あらかじめ、動きやすい服装にてお越しください。
※ 雨天決行

申し込み方法


1)お名前 2)住所 3)電話番号 4)FAX番号 5)希望日をご記入の上、
「モダンライフ探訪ツアー係」までFAX(075-957-3126)にてお申し込みください。

【関連イベント】庭園たんけんたい

京都府立植物園の職員、長澤淳一さんと共に、大山崎山荘の庭園をめぐるツアーです。
※事前予約制です。

日時:3/20(火・祝) 14:00~
講師:長澤淳一(京都府立植物園職員)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室・庭園
参加費:無料(美術館への入館料は別途必要です)
定員:20名(先着/要予約)
※小学生以下のお子様の参加は、保護者の同伴が必要です。
※あらかじめ、動きやすい服装でお越しください。
※雨天決行

申し込み方法


1)お名前 2)住所 3)電話番号 4)FAX番号 5)希望日をご記入の上、
「庭園たんけんたい係」までFAX(075-957-3126)にてお申し込みください。

【関連イベント】第20回大山崎春茶会

恒例の中国茶会を開催します。20回目を迎える記念すべき今回は、宴パンダがミニジャズ楽団を率いて、お茶席に出現します。
通常非公開の茶室も公開いたします。

日時:5/12(土)、13(日) 10:30~16:30(15:30受付終了)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園・茶室(通常非公開)
参加費:1,000円(税込/お貸し・お土産付 ※各日先着150名)(美術館入館料は別途必要です)

※雨天決行
※お気に入りのお猪口程度の茶杯を持参の上、ご参加ください(美術館でも購入可能です)

※このイベントのお問い合わせ:TEL 06-6361-6910/MAIL muchakucha@nifty.com
 (中国茶會・無茶空茶 黄安希/茶事家)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗