彫刻家 樂雅臣 展

2017/01/02 ~ 2017/01/17


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

侘び茶の祖・千利休と焼物師・長次郎の出会いから始まり、茶の湯の歴史と共に茶碗師として450年以上にわたる時を重ねてきた、京都・樂家。その15代にあたる樂吉左衞門の次男として生を受けたのが、彫刻家・樂雅臣です。

受け継がれる伝統とともに新たな躍進を通ける樂家の精神のもとに生まれた彼は、独自の感性で黒御影石(アフリカ産ジンバブエブラック)を用いた抽象的な作品を発表し続け、近年注目を集めています。

今回の展覧会では、過去の作品から新作までを一堂に展示し、初めて大理石を素材に用いた作品も発表します。

石が持つ優雅さは、彫刻されることにより今までにない世界観が広がります。
樂雅臣氏が彫刻する上での考え方――「石の中に表現を、表現と共に自然を。」という言葉通り、決して石を支配することなく
生み出された作品約25点の神秘的な世界を、どうぞご堪能ください。
 

樂雅臣

1983年 千家十職・茶碗師 樂家 十五代吉左衞門氏の次男として京都府に生まれる
2008年 東京造形大学大学院美術研究領域造形研究科修了
2009年 日本文化界訪中団 北京・上海・西安を訪問 日本中国文化交流協会
2012年 京都市産業研究所陶磁器コース修了

作家ホームページ:http://masaomiraku.com
 

関連記事

【特集】アートを生み出すひとたちのことば。|樂雅臣さん(彫刻家)


CHECK POINT

【関連イベント】樂雅臣×おおうちおさむ ギャラリー・トーク

出展作家の樂雅臣氏と、今回の展覧会の空間デザインを担当したおおうちおさむ氏によるギャラリートークです。

日時:2017年1月7日(土)14:00~/8日(日)11:00~※各回約30分
会場:美術館「えき」KYOTO
料金:参加無料(美術館入館券は別途必要です)
※混雑時は入館制限を行う場合がございます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗