1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 大鉄道展 ~華の東海道線、特急「つばめ」から新幹線へ~

大鉄道展 ~華の東海道線、特急「つばめ」から新幹線へ~

2009/07/17 ~ 2009/08/23


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

東京と京都、大阪、神戸を結ぶ東海道線は、一大幹線として旅客、貨物の輸送を担い、国内交通の発展に寄与してきました。

明治5年(1872)に開通した新橋-横浜間を皮切りに、その後大阪-神戸、大阪-京都間が続いて開通。
特急「富士」「さくら」「つばめ」は昭和初期に登場し、特に"超特急"「燕(つばめ)」は、昭和5年(1930)10月に東京―神戸間の運転を開始し、特急の原点、東海道の象徴となりました。

昭和31年(1956)に全線が電化されると、東海道線の存在価値は飛躍的に高まりました。
車両も近代化され、2年後には東京-大阪・神戸を日帰りで往復できる「こだま」が初の電車特急として走り始めたほか、あわせて東京-博多を結ぶ寝台特急「あさかぜ」が新型に衣替え。その美しい青色の車体から、「ブルートレイン」の名で親しまれ、清楚で豪華な車内は動くホテル、として評判となりました。
その後、世界に類を見ない夢の鉄道"新幹線"が誕生。世界標準のレール幅を採用し、まさに世界基準、世界に誇るべき鉄道となりました。

展覧会では、京都に関わる東海道線、新幹線(東海道・山陽)、そしてブルートレインにスポットをあて、写真は勿論、実際に使用されていた座席やヘッドマークのほか、鉄道模型や実際に模型車両が走行する大型ジオラマ、当時を偲ばせる映像や記念品などの懐かしい品々を展示し、鉄道の辿ってきた歴史やその魅力を紹介します。

クイズなどの参加型のコーナーもあり、鉄道ファンは勿論、親子で楽しむことが出来る内容となっています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗