1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. プリズム・ラグ~手塚愛子の糸、モネとシニャックの色~

プリズム・ラグ~手塚愛子の糸、モネとシニャックの色~

2011/03/17 ~ 2011/06/12


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館




クロード・モネ《アイリス》(1914-17年)
アサヒビール大山崎山荘美術館蔵





ポール・シニャック《ヴェネツィア》(1908年)
アサヒビール大山崎山荘美術館蔵



今回の展覧会のキーワードは「虹色」です。


フランスの印象派を代表する、「光の画家」クロード・モネ。そして繊細な点描を用いた作品で知られる新印象派(ポスト印象派)のポール・シニャック。彼らは目に「見える」色彩を探求しました。


印象派や新印象派の画家たちは、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の、いわゆる「虹色」を基本の絵具の色としていました。それをパレット上で混ぜずに直接カンヴァスに並置することで、視覚の中で光を混合させ明るい画面を作り出しましたのです。この技法を「筆触分割」といいます。
今回は美術館の館蔵品の中から、色彩にこだわり「見える」ことを追求した作品として、モネの『睡蓮』連作や 『アイリス』、シニャックの『ヴェネツィア』が展示されます。



一方、気鋭のアーティスト・手塚愛子は、織物を色糸に分解したり、刺繍の表裏や縫われる前の糸を同時に見せたり、過去の様々な造形物を引用・再構成したりするなどの手法で、表面には「見えない」ものを取り出してみせます。
それは、ものが内包する時間的プロセスや歴史的な蓄積といったもの。




たとえば、織物から引き出された赤・青・緑といった色糸は絵画における原色の絵具を連想させますが、織られたものを素材に戻すことによって、それらが織られた時間をも示唆
していきます。
それはまるでもともと表面しか見えない、けれどもそのなかに幾重にも塗り重ねられた絵具の層を含んでいる「油絵」のよう。元々は油絵の制作からアーティストとして出発した手塚らしい、「解体 -
再構築」の試みと言えます。


今回はロンドンで制作された彼女の最新作を含めてご紹介します。


冬が終わり、草木も一斉に芽吹く春。アサヒビール大山崎山荘美術館には、カットグラスがプリズムとなって創り出す虹色の光が満ち溢れます。
展示作品は、「プリズム」が光を虹色に分解するように、普段ものを見ている角度にズレ(=ラグ)を生じさせることによって、通常の視線からこぼれ落ちてしまうものを可視化し、見る者を新鮮な驚きと喜びに導きます。

CHECK POINT

【関連イベント】トークイベント

アーティストトーク


日時:2011年3月19日(土)14:00~15:30
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
定員:20名(先着順)、要予約
※ お申し込みはFAXで受付ます(申し込み用紙は公式ホームページでダウンロードできます)
以下を明記の上、「プリズム・ラグ アーティストトーク係」までFAXでお送り下さい。
1)お名前 2)ご住所 3)電話番号 4)FAX番号

学芸員によるギャラリートーク


美術館の学芸員が、展示の見所について展示室内で解説します。
日時:展覧会期間中、毎月第二土曜日(3月19日、5月14日を除く)14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
※事前申し込み不要

【関連イベント】参加型イベント「大山崎春茶会」&カフェ企画「虹色Fairy Cakes」

大山崎春茶会


日時:5月14日(土)、15日(日) 11:00~16:00(受付は15:30まで)
場所:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園、茶室など
参加費:1000円(税込、お菓子・お土産付き、美術館入館料は別途必要です。)
共催:中国茶会・無茶空茶
※雨天決行
※お猪口くらいの茶杯をご持参になってご参加ください(美術館でも購入できます)
※お問合せ先
TEL:06-6361-6910
e-mail:muchakucha@nifty.com
中国茶会・無茶空茶 黄 安希(ほあん あき) <茶事家>

カフェ企画「虹色 Fairy Cakes」


リーガロイヤルホテル京都が展覧会のために特別にご用意したカラフルなフェアリーケーキ(カップケーキ)を会期中、美術館の喫茶室にて提供いたします。

日時:展覧会会期中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 喫茶室
料金:800円(税込、ドリンク付/美術館への入館料は別途必要です)
協力:リーガロイヤルホテル京都

手塚愛子プロフィール

手塚愛子(てづか・あいこ)
1976年東京都生まれ。
武蔵野美術大学・大学院にて油絵を専攻。
京都市立芸術大学大学院では美術研究科博士(後期)課程油画領域終了・博士号(美術)取得。
布と糸を使って、ものが内包する時間的プロセスや歴史的蓄積といった、表には「見えない」部分をあらわにする。
今回はアサヒビール大山崎美術館の本館、新館にて作品を展示。

■ 個展も同時開催!
2011年3月5日~4月23日:ケンジタキギャラリー(名古屋)
2011年3月11日~4月23日:ケンジタキギャラリー(東京)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗