1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. ラファエル前派からウィリアム・モリスへ

ラファエル前派からウィリアム・モリスへ

2011/02/25 ~ 2011/03/27


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO



19世紀半ば、産業革命によって急激な近代化を遂げたイギリス。
しかし物質的な充足の一方で、都市や労働の変化が起こり、人々は精神的な豊かさが失われていることへの不安を抱きはじめました。

こうした社会の急速な変化に対し警鐘を鳴らしたのが、思想家ジョン・ラスキンです。
ラスキンの唱える理念に共感したウィリアム・ホルマン・ハント(1827-1910)、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-1882)、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-1896)らを中心とする青年画家たちは、1848年に「ラファエル前派同盟」を結成しました。

当時の美術アカデミーはルネサンスの巨匠・ラファエロを理想像としていました。しかし古典主義に偏り、アカデミーの芸術は枠にはまってしまっている側面があったのです。「ラファエル前派同盟」はそんなアカデミックな芸術のあり方に異を唱え、ラファエロより以前の、中世の芸術作品や初期イタリア・ルネサンスやフランドル絵画の持つ自由な表現力に、新たな未来を切り開く力を求めました。

その後「ラファエル前派同盟」の周辺には、ロセッティに感銘を受けた19世紀を代表するデザイナー、ウィリアム・モリス(1834-1896)、エドワード・コリー・バーン=ジョーンズ(1833-1898)ら、装飾美術や工芸に携わることになる多才な人物が集うようになりました。これは後の、イギリスにおけるデザイン運動である「アーツ・アンド・クラフツ運動」へとつながっていきます。

この展覧会では、ウィリアム・モリス・ギャラリーほか、イギリス各地の美術館、コレクターの所蔵品約100点を展示し、ラファエル前派からウィリアム・モリスへの潮流を辿ります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗