1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 ~クリムト・ミュシャ・ロートレックなど~

アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 ~クリムト・ミュシャ・ロートレックなど~

2010/02/27 ~ 2010/03/28


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


19世紀末のヨーロッパは、産業革命の進行によって経済活動も盛んになり、多くの人々が都市に流入し、市民活動は活性を極めました。いわゆるベル・エポック(Belle Époque/仏語で「よき時代」の意)です。この頃はアール・ヌーヴォーをはじめとした新しい流派や儀式が次々と生まれた、まさに芸術の地殻変動の時代でもありました。



アール・ヌーヴォーの本場であるパリや、ミュンヘン、バルセロナのみならず、クリムト、シーレ、分離派を生んだウィーン、そしてハプスブルグ帝国の双子の都市であるプラハも新しい芸術発祥の地となりました。ベル・エポックとは近代的な消費経済、消費社会の出現の時代であり、カフェ、劇場、サーカスなどの大衆文化が花開き、その黄金期のはじまりの時でもありました。


 



こうした状況を背景に、様々な商品や施設、イベントを広告、宣伝するという時代の新しいニーズに応えるべく華々しく登場してきたのがポスターです。
ロートレック、ミュシャ、シェレといった人気作家も登場し、ウィーン、プラハにも華やかなポスター芸術が一気に花開きました。

ポスターが単なる情報提供手段ではなく、芸術として確立されたのもこの時代でした。彼らのポスターは人々が日常的に、街角など公共の場所で見ることが出来る「巷の芸術」「万人の芸術」として親しまれたのです。


また、ポスターはその時代と当時の社会が何を求めていたかを映す一種の「鏡」としても興味深いものがあります。

この展覧会では、チェコ国立プラハ工芸美術館・チェコ国立モラヴィア・ギャラリーの所蔵するポスターコレクションから約130点を展示。
世紀末のポスター黄金時代を、オーストリア、チェコを中心に、本邦初公開作品も含めて概観します。
当時の文化の香り、そして現代でも人を魅了するデザインの素晴らしさをお楽しみください。


CHECK POINT

ポスターで感じる、街中にアートが溢れた時代。

展覧会は、以下のような構成になっています。


1.ウィーン分離派と世紀末美術の潮流


ここでは、ウィーンセセッション(分離派)、ドイツセセッション、ハーゲン芸術家同盟の展覧会ポスターを中心に展示。
フランス・パリで生まれたアール・ヌーヴォー(新芸術)の影響を受け、ヨーロッパ各地では様々な新しい様式や流派が現れます。ドイツではミュンヘン分離派を中心としたユーゲント・シュティールの動きがあり、隣国のオーストリアでも画家のグスタフ・クリムトが中心となってウィーン分離派が誕生します。
ウィーン分離派の作品は、クリムトに見られるようにどこか退廃的で官能的な雰囲気を漂わせています。また、直線的・幾何学模様を多用した装飾的な表現も多く見られるのが特徴です。
街に溢れたアーティストたちの情熱と、今も色あせないモダンなデザインが、ポスターにはぎゅっとつまっています。



2.市民生活の夢とポスター


1)新しい演劇・コンサート・展覧会など
2)都市にあふれる様々な商品=香水、自転車、ファッション、食品など。

ポスターの生まれた背景にあるのは、大衆文化。一般の街の人々が芸術に親しみ、また経済が豊かになるにつれて積極的に消費活動を行うその力が大きく影響しています。
ここでは当時の大衆文化、それを象徴する様々なものに関わるポスターを中心に展示。
ポスターとは切っても切れない関係にある、人々のエネルギー溢れる当時の文化の香りを、存分に味わってみては如何でしょうか。


 


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗