1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. アピチャッポン・ウィーラセタクン個展 -PHOTOPHOBIA-

アピチャッポン・ウィーラセタクン個展 -PHOTOPHOBIA-

2014/06/14 ~ 2014/07/27


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

【作品画像】(1)、(2)Power Boy, print on paper, 1,500mm x 2,250mm, 2011  (3)Flesh and Skeletons from Firework, 2014 (参考作品)

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA開館5周年を記念して開催される、タイ出身の映画監督アピチャッポン・ウィーラセタクン氏による個展です。

今回の展覧会は、2013年10月にノルウェーの首都オスロで開催された同名の展覧会をベースに新作を追加し、ギャラリーの展示空間にあわせて再編したものとなっています。展示作品は、1999年制作の「Windows」から、2014年制作の「Fireworks」までの映像作品を中心に、写真などの平面作品、日本未発表の新作を含めた約40点。アピチャッポン氏にとって日本国内では最大規模の個展となります。

アピチャッポン氏の作品の多くは、タイ東北部のイーサーン地方で作られたもので、地域に伝わる迷信や個人的な記憶、夢、無意識、森の記憶などを主題としています。アピチャッポン氏は、「森の中にある光と記憶に強く惹かれる」、同時に「全てを記憶したいという欲望と、全てを記憶してしまうことに対する恐怖がある」と言います。展覧会のタイトルとなっている「PHOTOPHOBIA」は、羞明(しゅうめい/強い光を受けた際に、不快感や眼の痛みなどを生じること)を意味しますが、これはアピチャッポン氏の「光」に対する「憧憬」と、それに伴う「恐怖」や「痛み」を表しているとも解釈できます。

アピチャッポン氏の作品には、初期から一貫して説明的なものは少なく、叙情的で瞑想的ともいえる映像表現が特徴で、不思議な夢のように展開し、論理的な理解を求めません。その一方で、直接的に明示されることはないものの、タイの現代社会とも密接な関係にあり、若者、移民、経済格差、政治などの社会問題を、緻密に計算された映像表現の中に見ることができます。そうした両義性が、彼の作品に重層的な構造を与え多くの人々を魅了しています。
多様なメディアを用いて表現される、アピチャッポン氏の作品世界をこの機会にご高覧ください。

※一部作品は7月13日(日)までの期間限定展示となります。あらかじめご了承ください。


CHECK POINT

【関連イベント】PHOTOPHOBIA+American Boyfriend:Bodies of Water プレ・イベント+オープニングレセプション

同時期に開催される、アピチャッポン・ウィーラセタクン個展「PHOTOPHOBIA」とミヤギフトシ個展「American Boyfriend: Bodies of Water」の合同レセプションイベントです。

日時:2014年6月13日(金)16:00~20:00
(13日は上記の時間にて開館となり、展示会場をご覧いただけます)
参加費:無料
会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 2階

【プログラム】
1)18:00~:プレ・イベント POD(Moderndog) Special Live & Chai Siri
アピチャッポン氏がミュージックビデオを手がけたこともあるタイのミュージシャン「POD」のライブを開催。
当日は、アピチャッポン氏とコラボレーションをしているチャイ・シリ氏が会場構成を手がけます。

2)19:00~:レセプション

※ 当日は、美術洋書のセレクトショップ「ARTBOOK EUREKA」のポップアップストアが出店します(16:00~19:00)
  また、森林食堂によるカレーの出張ケータリングがございます。

イベント詳細はこちら

【関連イベント】トークイベント

出展作家アピチャッポン氏と、同じくタイ出身の東南アジアを代表する映像作家アラヤー・ラートチャムルンスック氏によるトークイベントです。
(アラヤー氏は京都市立芸術大学のアーティスト・イン・レジデンスプログラム2014の招聘作家です)

日時:2014年6月14日(土)13:00~15:00
参加費:無料
開場:京都芸術センター フリースペース

アピチャッポン・ウィーラセタクン プロフィール

映画監督・アーティスト。タイ・チェンマイ在住。
1994年より映像制作をはじめ、2000年に初の長編映画を完成させる。
タイの商業映画界とは一線を画し、1999年に自ら設立したKickthe Machineプロダクションを通し、実験的でインディペンデントな映画制作を続けている。2010年には、「ブンミおじさんの森」でカンヌ国際映画際にて最高賞(パルムドール)を受賞した。
同時に現代美術作家としても国際的に高い評価を得ており、代表作の映像インスタレーション「Primitive」はドイツ、フランス、ニューヨークなど多くの美術館を巡回した。また、2013年には美術家チャイ・シリとのコラボ作品でシャルジャビエンナーレ(アラブ首長国連邦)にて金賞を受賞している。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗