1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. パウル・クレー展-おわらないアトリエ

パウル・クレー展-おわらないアトリエ

2011/03/12 ~ 2011/05/15


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館





「ベルンのアトリエでのパウル・クレー」
(1939年/撮影:フェリックス・クレー)

パウル・クレー・センター(ベルン)蔵






《花ひらいて》(1934年)ヴィンタートゥーア美術館 蔵





スイス生まれの画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)。
彼は長く日本の人々に愛され、これまでにも数多くの展覧会が開催されてきました。
「創造の物語」や「旅のシンフォニー」または「線と色彩」などの副題が示すように、クレーの作品には物語性や制作上の理念が詩情豊かに詠われています。そして展覧会は、多くの人々にそんなクレー芸術の魅力を伝える大きな役割を果たしてきました。

この度、京都と東京の国立近代美術館で開催されるクレー展では、今までの展覧会成果を踏まえた上で、これまでクローズアップされてこなかった「クレー作品が物理的にどのように作られたか」について考えます。

クレーは1911年から終生、自身の制作した作品のリストを作り続けました。1883年・4歳のときの作品を皮切りに、リストに掲載された作品数は約9600点にものぼります。またこのリストには作品のタイトルだけではなく、作品ごとの詳細な制作方法も記載されています。
このことから見ても、その作品を「どうやって作ったか」は、クレーにとって、極めて重要な関心事だったのです。

その「制作プロセス」を、クレーは、「アトリエ写真」という形で記録に留めました。また、自ら「特別クラス(Sonderklassse)」とカテゴリー分けした作品を模範作品として手元に置くことで、反芻し続けたのです。





今回の展覧会では、スイス・ベルンにあるパウル・クレー・センターが所蔵する作品を中心に、日本初公開の作品が数多く含まれた約170点を展示。
クレーが自ら撮影し続けたアトリエ写真、写真に記録された作品、そして「特別クラス」という彼が模範的作品とした作品を紹介する章、制作上の具体的な技法を検証する章と全体を6つに分けた構成で、クレー芸術の創造的制作過程を明らかにしていきます。

クレーは、芸術、そして芸術家の理念的なあり方だけではなく、芸術が―とりわけ、芸術家の手によって、具体的にどのように作られるかを、生涯にわたって追求し続けました。
彼の問題意識を検証することは、「レディ・メイド」(※)の概念誕生以降、今日にいたる芸術の姿や流れを考える上で、新たな見方、切り口を示してくれます。

クレーの作品と記録が教えてくれる、「創る」ことへの問いかけを、味わってみて下さい。


※ レディ・メイド
「既製品」の意。芸術上の概念としては20世紀初頭、マルセル・デュシャンが生み出したといわれる。
一言で言えば「既製品を使用して創った作品でも、見た人の思考を揺さぶる力があれば芸術といえる」というもので、それまでの職人的な手作業で創ったものでなかれば芸術ではない、という考えに異を唱えるものだった。


関連リンク

パウル・クレー展 -おわらないアトリエ- 特設サイト
京都国立近代美術館 「パウル・クレー展」ページ

CHECK POINT

【関連イベント】講演会

「パウル・クレー――画のための仕事」


講師:ヴォルフガンク・ケルステン氏(チューリッヒ大学教授)※通訳付
日時:2011年3月12日(土) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館一階講堂
定員:100人(事前予約不要・聴講無料。当日11:00から受け付けにて整理券を配布します)

「切断の時代――20世紀美術におけるクレーの制作プロセス」


講師:河本真理氏(広島大学大学院准教授)
日時:2011年4月30日(土) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館一階講堂
定員:100人(事前予約不要・聴講無料。当日11:00から受け付けにて整理券を配布します)

【関連イベント】コンサート:ピアノ+ダンス・即興パフォーマンス

美術館内をステージにコンサートが開催!普段と違った美術館の楽しみ方はいかが?

日時:2011年4月9日(土)14:00~15:30
演奏:高瀬アキ氏(ピアニスト・作曲家)
ダンス:岡登志子氏(アンサンブル・ゾネ主宰・振付家)

会場:京都国立近代美術館一階ロビー

※詳細は京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 → こちら

【関連イベント】NFC所蔵作品選集:MoMAK Films @ home 「スイス映画上映」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は「パウル・クレー展」に関連し、クレーの故郷であるスイスの映画作品を特集します。

日時:2011年4月23日(土)、24日(日) 14:00~
会場:京都国立近代美術館1階 講堂
料金:1プログラムにつき 500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:冨田美香、川村健一郎(ともに立命館大学映像学部准教授)

■ 2011年4月23日


1) 「魂を失へる男」
 監督:ヴェルナー・ホッホバウム、1936年(75分) 14:00~15:15
2) 「山の焚火」
監督:フレディ・M・ムーラー、1985年(118分) 15:35~17:33

■ 2011年4月24日(日)


1) 「ローズヒルの女」
 監督:アラン・タネール、1989年(95分) 14:00~15:35
2) 「イカれたロミオに泣き虫ジュリエット」
 監督:アンニャ・フランケ、ダニ・レヴィ、ヘルムート・バーガー、1986年(89分) 15:55~17:24

※プログラムの詳細については京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 → こちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗