1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 円山応挙から近代京都画壇へ

円山応挙から近代京都画壇へ

2019/11/02 ~ 2019/12/15


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

今から約250年ほど前の江戸時代、18世紀の京都に彗星の如く現れた絵師・円山応挙。
彼は徹底した実物写生の精神に基づいた写生画というジャンルを切り開きました。当時主流であった狩野派の絵に堅苦しさと不満を覚え始めていた京都の人々は、応挙の精緻で新しい画風に魅了され、写生画は爆発的な人気を博します。たちまち京都を代表する人気絵師となった応挙は「円山派」という一派を形成しました。

その後、多くの絵師たちが応挙に続き、中でも呉春は最初は南画の名手・与謝蕪村に学んだ後、師の没後は応挙の画風を学び、部そんな洒脱な情趣に応挙の写生画を合わせた独自の画風を確立しました。呉春の一派は「四条派」と呼ばれるようになります。
応挙と呉春、両派を合わせた「円山・四条派」は、その後の京都の画壇において大きな影響力を示すようになります。円山・四条派からは、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、上村松園など、優れた画家たちが多数輩出されました。

今回の展覧会では、応挙・呉春から近代へ至る系譜を負うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、京都画壇の様相の一端を明らかにします。

また、特別展示として、”応挙寺”とも呼ばれる兵庫県香住町の寺院・大乗寺にある円山応挙と息子応瑞筆の襖絵を実際の空間をイメージしての再現展示を行います。応挙が客殿各室の全体構成を考え、一門を率いてあたった大作です。京都では役24年振りの公開、この機会にご高覧ください。

※前期・後期で大幅な展示替がございます。【前期】11月2日~11月24日/【後期】11月26日~12月15日
※特別展示の大乗寺襖絵は京都展では通期展示となります。

 


CHECK POINT

【関連イベント】講演会・記念講演会

講演会
「近代京都画壇―美術と産業―」


日時:2019年11月2日(土)14:00~15:30
講師:並木誠士氏(京都工芸繊維大学教授、同美術工芸資料館館長)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前予約不要)
※当日11:00~1階受付にて整理券配布(一人1枚/定員に達し次第終了)

講演会「京都画壇と千總―岸竹堂を中心に」


日時:2019年11月9日(土)14:00~15:30
講師:加藤結理子氏(千總文化研究所所長)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前予約不要)
※当日11:00~1階受付にて整理券配布(一人1枚/定員に達し次第終了)

記念講演会「空を描く」


日時:2019年11月30日(土)14:00~15:30
講師:山岨眞應氏(大乗寺副住職)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前予約不要)
※当日11:00~1階受付にて整理券配布(一人1枚/定員に達し次第終了)

【関連イベント】担当学芸員による解説

日時:2019年11月15日(金)、12月6日(金)各日18:00~
講師:平井啓修氏(京都国立近代美術館研究員)
会場:京都国立近代美術館
料金:無料(本展の観覧券が必要です)
定員:各日20名(先着順受付/事前予約不要)
※当日17:00~1階受付にて整理券配布(一人1枚/定員に達し次第終了)

【関連イベント】ファミリープログラム「びじゅつかんで いきものさがし」

日時:2019年11月17日(日)20:30~21:30
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
料金:お子さまは無料。大人の方は本展の観覧券が必要です
定員:50組(1組3名まで/小学生以下のお子さまとその保護者対象)
※事前申込制・先着順受付です
※詳細は美術館の公式ページをご確認ください。

【関連イベント】プレミアムナイトイベント「秋の夜長は応挙に酔う」

円山応挙や弟子たちの襖絵などを受け継ぐ兵庫・大乗寺の副住職、山岨眞應氏と、本展図録の写真を撮影した写真家の三好和義氏が、応挙の美を語ります。

日時:2019年11月29日(金)18:30~
出演:山岨眞應氏(大乗寺副住職)、三好和義氏(写真家)/司会:平井啓修氏(京都国立近代美術館研究員)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:3,000円(本展観覧券・イベント参加権・銘酒のお土産付/定員に達し次第終了)
※特別チケットの購入が必要です。購入・詳細はこちらのページをご確認ください。
※観覧券は当日ご覧になられない場合、別の観覧日にご利用いただけます
※会場ではお土産の銘酒はお召し上がりいただけません

【関連イベント】日本博関連イベント「VRと日本画技法体験プロジェクト」

関連プログラムとして、会期中に円山応挙筆の大乗寺襖絵のVR(ヴァーチャルリアリティ)と日本画技法の体験プロジェクトを行います。

大乗寺襖絵VR


応挙寺とも呼ばれる大乗寺。その襖絵を360℃見渡せるように制作された空間VRで体験できます。また、スマートフォンで会場内のQRコードにアクセスすると展覧会会場に展示されている襖絵が本来どのような空間にあるかを体験できます。

※京都会場では11月6日(水)からの開催です。
※時間は開館時間内となります。

日本画-実演と体験-


講師が日本画の材料から絵具の溶き方、筆の使い方など、 基本的テクニックについて実演しながら、解説します。日本画を初めて見る方や小学生以上のお子さま、外国人の方などを対象にした入門的な内容です。
※講師は日本語で話しますが、英語・中国語・韓国語の通訳が付きます

日時:2019年12月1日(日)①10:00~12:00②13:30~15:30
講師:東京藝術大学大学院美術研究科 文化財保存学保存修復日本画研究室
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(当日受付時に本展の観覧券(半券可)をご提示ください)
定員:各回20名(先着順受付/事前申込制)
※申込方法など詳細は公式ページをご確認下さい

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗