1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 角屋もてなしの文化美術館
  5. 平成22年春季企画展 扇の趣(おもむき)展

平成22年春季企画展 扇の趣(おもむき)展

2010/03/15 ~ 2010/07/19


【角屋もてなしの文化美術館】

角屋もてなしの文化美術館

扇は、日本人が発明したものと言われています。

平安時代、紙の代わりに用いられていた木簡の一部に穴を開け、紐を通して何枚かを綴って持ち歩いていたところに由来するとも言われ、正式な場合には檜の薄板をつないだ檜扇が用いられます。
江戸時代の百科事典とも言える、喜多村筠庭(きたむらいんてい/「いん」は竹冠に均)著『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830)によれば、風俗や身の回り品を解説しているなかで、木の扇の後に紙の扇ができたとされています。

扇は当初、特例として許された者以外は、宮中で用いることはできなかったようです。しかし後世にはむしろ、扇を持つことが礼儀とされるようになりました。その後時代を経るにつれて、扇面は絵や書をしたためた贈答用や、床飾りの鑑賞用などと、用途は様々に広がっていきます。
また、扇は末広やかはほり(蝙蝠(こうもり))とも呼ばれ、風を送るための道具としてだけではなく、
その形から物事が次第に栄えていくという状態を想像させるものでもありました。そこで、吉祥文のひとつとしても家紋や着物の文様、器などに幅広く用いられるようになりました。

角屋は、めでたい宴が催される揚屋でした。そのため、各座敷には必ず吉祥文が配されています。
その中の一つが天井に書画の扇面を貼りつけた「扇の間」。この座敷では、欄間障子の形や襖の引手、燭台の台座も扇形となっています。その上、ここで宴を催す際は食器やお膳まで扇形のものを用いて、全て扇尽くしとしていました。

今回の春季企画展では、この「扇」の意匠の面白さに注目し、角屋の所蔵する作品の中で、扇面や扇形を意識した作品を一堂に展示します。
絵画や書籍、食器、座敷のしつらいにいたるまで、多種多彩な角屋の「扇」の趣をお楽しみ下さい。


※展示物保護のため、書画作品は下記日程において展示替がございます。








1) 3月 14日~4月 18日
2) 4月 20日~5月 16日
3) 5月 18日~6月 20日
4) 6月 22日~7月 19日


CHECK POINT

絵画から建物のあしらいまで―多種多彩な「扇」の美の世界。

■全てが扇尽くしの「扇の間」
天井から家具調度までとにかく扇尽くしの部屋「扇の間」(2階座敷)。
天井に貼り付けられた扇面の揮毫(書)は、角屋を訪れた歌人の香川景樹や本居大平など、画人では岸駒や長谷川雪旦など、著名な文人たちによるもの。角屋と当時の文化人達との親密な交流が伺える貴重な資料ともいえます。なお、それらの扇面は、通常の扇子よりずっと大型のものが使われています。
※「扇の間」の見学は要予約・別途料金が必要となります。

■絵画に書に食器まで、多種多彩な「扇」の世界。
「扇の間」以外にも角屋には多くの扇面作品が伝わっています。
これらは、ほとんどがまくり(未装)の状態になっています。

【絵画】
絵画では、後年軸装された江村春甫筆「石楠花図」や鈴木松年筆「臥龍松図」が伝わっています。
さらに、角屋の十代目亭主・玉洲が、四條派の画家・磯野華堂に師事していた関係から、華堂をはじめとする四條派の画家たちが描いた作品が四十数点残されています。
これらは扇形の箱にまくりのまま入れられた状態で保存されています。

【書】
書蹟では、江戸後期の国学者で歌人の賀茂季鷹が、特に大振りな扇面六面に和歌を染筆しており、これもまくりの状態で伝わっていました(近年軸装)。また、与謝蕪村門下の俳諧師・月居(げっきょ)(1756~1824)は、「庭松四季句扇面」に角屋の臥龍松を四季にわたって詠んでいます。

【食器】
食器では、「扇散蒔絵膳椀揃」のように、扇の文様が散らしてあるものと、「桜蒔絵扇形膳」のように、実際に扇の形をしているものがあります。陶磁器では、「錆絵梅文扇面形皿」のように扇を完全に広げた形のものばかりではなく、「青花山水風景文半開扇形向付」のように、扇を少し開いた状態を模したものも伝わっており、その形の面白さも魅力になっています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗